IMBK②他人の目を気にして無理をするのは性格でなく反応

こんばんは

いまいけい子です。

本日も引き続き

IMBK

※(I)いまいけい子に(M)メッセージをくれたら(B)ブログで(K)回答します。

のK(回答)について書いていきます。

IMBK1通目はこちら

Nさん、お返事のメッセージもしかと読ませて頂きましたよ!

それでは2通目、

さっそくいってみましょう。

嫌われないように迎合してしまいます。

【Oさんからのメッセージ】

無職に憧れているOLです。

いまいさんのブログをさかのぼって読み始めたら面白くて止まらなくなってしまい、

仕事に遅刻しそうでした。

もしかしていまいさんは天才なのではないかと思います。

自分の気持ちや声を無視しないで仲良くしてあげられて、

しかもそれをキャラとして確立できているからです。

私は他人の視線が気になり、ついつい、楽しそうなフリとか、

いい人そうなフリとかをしてしまい、疲れます。

だけど、他人と一緒じゃないと生きていけないと思ってしまうので、

つい嫌われないように迎合してしまうのです。

本当はいまいさんみたいに、外からの声よりも、自分の気持ちと仲良くしたいです。

だけど私がやったら、ドン引きされそうだし、周りを不快にさせてしまいそうなので、なかなかできません。

いまいさんみたいに嫌味なくポップにできるといいのになと思います。

どうしたらそうなれるのですか、

昔からなのですか、

何かきっかけがあったのですか、

コツとかあるのですか。

悩みを語ってしまってすみません、

わたしもいまいさんがいる大人の常識から自由な世界を目指したいです。

自分の気持ちと仲良くできるかは性格でなく環境による。

どうしたら自分の気持ちと仲良くできるか(分かりやすい表現ですね!)、

私の場合について書いてみますね。

まず大前提として、

私もOさんと同じ、周囲の視線のようなものを意識して、

迎合してしまうタイプです。

その特徴は私にもありまくりです。

その度合いというのは人それぞれで、

比べにくいところが歯がゆいですが、

割と頑張れてしまう方だと私は思っています。

入社前から、

この会社の仕事も雰囲気も人々も合わなさそうだ。

となんとなく思っていても、

自分の気持ちをごまかして(大丈夫なフリ)

5年以上働けてしまうというレベルです。

ただ、この特徴が、

顕著に出る場と、

出ない場があると思っています。

顕著に出る場としては

職場があげられます。

仕事をやりやすくするためには、

嫌われない方がいいし。

組織人として、噂や評判も怖いから

角は立てない方がいい。

※目的を持って組織人として生きる人ならこの特徴はとても大切。

こんな気持ちが根底にあるため、

それはそれは、他人の視線を気にしては、

いい人と思われようと、

人々と迎合しようとしては、

疲れていましたよ。

それをやるだけの目的も持ち合わせていないから、

ただただ徒労。

ただ、幸いなことに、

私は職場以外のコミュニティにも複数属していて(演劇など)、

そちらでは上記のような特徴が出にくかったのです(ゼロではない)。

つまり、どんな場でもその特徴が出やすいというわけではなく、

特定の環境における人々に対する反応だと思っています。

職場以外で、自分を表現できる場を持てたことで、

ここ(ブログ)でも、自分を制限し過ぎず、自由に文章を書けたのではないかと思う。

だからOさんは

私のことを「自分の気持ちと仲良くできている」と感じたのかもしれません。

職場以外で、

「他人の目を気にして嫌われないように振る舞ってしまう」

という特徴が出にくいのは、

私がそういう「場」を選んでいるからだと思います。

私はもともとは、

給食を食べる班の居心地が悪くて学校を休むような子どもだったので、

居心地の悪さに過敏で、かつ、場が悪いと身が持たない。

この過敏さは(生きにくさでもある)

どこから来たのか考えたところ、

ぬくぬく育ったことが大きいと思っています。

つまり、家族と過ごす「家」という場での居心地の良さです。

これにより、

居心地の悪さへの過敏さを得たと思います。

頂いたメッセージについて感じたこと

Oさんが今現在、快適に過ごしていない理由が2つあると思いました。

1つ目は、

自分の気持ちと仲良くして、楽しいフリやいい人のフリをやめたら

ドン引きされ、不快な思いをさせてしまう。

と思ってしまうような環境に身を置いていることです。

頂いた文章からだけだと分かりませんが、

そのように思わない場が他にある、または過去にあったなら、

※例えば学生時代の部活、サークルなど。

場を変えることで自分の気持ちともっと仲良く生きていくことは可能です。

また、

今の環境にいながら、そこで目的を持つことで(仕事なら売上や予算達成など)、

人々に嫌われないようにすることが無駄骨(徒労)と感じないようにすることも可能です。

2つ目は、

他人と一緒じゃないと生きていけないと思ってしまう。

ということです。

他人と一緒じゃなくても生きていける!

という体験ができるとメッセージで頂いたような反応は少なくなると思いました。

それは、

一人でも生きていける

ということではなく、

自分なら他人とも生きていける。

という感覚の方が近いと思いました。

メッセージの冒頭にある「無職に憧れている」という言葉から、

Oさんは既に自分がどうしたいのか分かってますね。

自分の気持ちと仲良くできています。

私も今、自由への過程に居ます。

この先の世界を、

今までとは違う景色を見られることを信じて、

貴重となる不自由な今を面白がりましょう(´∀`)

それではまた~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする