彼氏の態度が変わったワケ〜人の性格の二面性〜

こんばんは

いまいけい子です。

今日は友人のA子と遊んできました(゚∀゚)

A子とカラオケに行くと必ずライオンキング(劇団四季ver)の、

早く王様になりたい

という曲を歌います。

私はライオン、

A子は鳥役で

熱唱してからの、

ハクナマタタ(劇団四季ver)

を一緒に歌います。

あ〜

楽しかった…!

さて、

A子は同棲していた彼とお別れしたようです。

大丈夫かな。

と思っていたら前向きなお別れのようで、

元気にハクナマタタを熱唱していました。

彼氏の同棲前の性格と、

同棲してからの性格が変わったと言ってました。

釣った魚に餌はやらない。

という感じだったみたいです。

週イチくらいのデートを繰り返していただけでは、

その性格(本性?)は分からなかったとのこと。

優しくってA子のことを優先してくれる彼だったのですが、

同棲してからというもの

身内になったためか

外面はいいけれども、

身内に厳しい傾向が見えてきたようです。

話を聞くほどに、

お別れという、

A子にとって健全で良い決断をしたんだなと、

安心しました。

他人を優先する優しい人というのは、

自分も含め身内も犠牲にしていることがあると思います。

同じように、

金払いのいい、奢ってくれる人は、

身内にとっては、

外面のいい、

浪費家かもしれません。

奢ってくれる男性がいいという女性は多いけれど、

妻となった時に旦那さんの奢り癖に嫌気がさすかもしれません。

外の人から中の人になるということは、

彼氏と家族になるということは、

それまでとはかなり関係性が違うよな〜と、

実感した出来事でした。

彼の性格が変わったのではなく、

元からそのような二面性を持ち合わせていて、

彼にとっての彼女の位置付けが変わったのだと思います。

だから彼女への対応もそれまでとは変わってくる。

そんな二面性を誰もが持っていると思うので、

デートの時にどこまでも踏み込んでいくことが大切だなと思いました。

ちなみにA子は私と違い恋愛体質なので、

また誰かのことを好きになり大切にすると思います。

それではまた〜

ハクナマタタ〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする