希望がない未来が現実になったから仕事を辞めた。

こんばんは

いまいけい子です。

寒いですね〜

昨日のブログに、私の学校嫌いについて書いたのですが、

グズる私に、

学校に行け

と諭す母親の発言が印象に残っているのでそれについて書こうと思います。

うちは両親共働きで、

当時は珍しく、私は1歳から保育園に預けられ、母親はずーっと働いていました。

母も仕事に行かないといけないのに、

学校に行きたくない休みたいと懇願する私に母は、

「お母さんだって仕事行きたくないけど我慢して行ってるんだよ。」

と言いました。

え、

お母さん、

仕事行くのイヤなの?

マジで?

マジかー…!

と驚きました。

この、

マジかー

てのは、

どうやらこの先の未来も我慢して朝起きて行きたくもないとこに行かなきゃいけない未来が待っているようだ。

という絶望です。

大人は学校に行かなくていいな。

みんなずっと好きなこと(仕事)してるなんて羨ましい。

私も早く大人になりたい。

当時の私は「大人」とはそういうものだと思っていました。

将来は漫画家になるんだ!

歌手になるの!

サッカー選手になるよ!

そういう風に、人はなりたいものになるから、

大人の毎日は楽しいものなのだと思っていました。

だけど、

どうやら違うらしい。

散々将来に対して夢を抱かせといて、

そりゃないよ〜 


そして私が大学を出て就職して働き出して早10年。

あの頃恐れたやな感じの未来に私はいます。

このまま生き続けるこの先の未来に、

全然希望が持てない…!

と辞めることを決意したら、

未来は見えませんが、

希望だけは持てるようになりました。

今までみたいな働き方(気が進まないことを我慢してやる)をしないために、

作戦を立てて、行動して、失敗して、

それを繰り返して行く予定です。

そんな毎日は、希望に溢れていますよ。

さて、最近の私ですが、

有給消化のため、

仕事に行ったり行かなかったり、

その辺の大学生よりヌルい生活をしております。

週に5日間働いていた時、

休日の朝をベットから出られず過ごしては、

いろいろとやりたいことがあったのに…!

と自分をふがいなく思っていました。

お休みばかりの毎日、

とんだ怠けた毎日になるのかなと思いきや、

実に規則正しくなりました。

朝のゴミ出しにも間に合っています。

まず、慢性的だった寝不足の感じが皆無になりましま。

出勤の日すら、それはもうパッチリ目覚めます。

今までは毎朝起きるのが辛く、

時間が無いため最低限のベースメイクだけしてマスクをして通勤していましたが、

今はチークやアイシャドウはもちろん、なんとマスカラまで塗っています。

社会人になってからというもの、

常に、

遅刻ギリギリで生きてきましたが、エヘ

今は走らずに通勤できています。

余裕のある健康な暮らしとはこういうことを言うのだなと思いました。

週休2日ではなく、4日がベストです。

週休4日にするべき。

人は、たくさん休んだら、

動けるようになります。

それではまた〜