転職に有利な資格は存在しない。

こんばんは

いまいけい子です。

先日、

結婚して仕事を辞め、旦那さんの実家で暮らし始めた友人から

再就職するんだけど、

転職にオススメの資格とかある〜?

とのLINEが来ました。

婚活も仕事も辞めた私は、

意外なことに、

今までに運転免許以外に6つの資格を取得しております。

そして転職経験もあるため、

この友人は

何か資格でも取っておいた方がいいかな〜

なんて私にLINEを送ったのでしょうが、

そんなものはない( ・∇・)

と返しました。

そう、ないんです。

転職に有利になるには、なんの資格を取ればいいかな。

と思った時点で、その人のとるべき資格はない。

これが、

「転職して経理の仕事に就きたいから簿記を取ろう。」

ならばその資格は活きると思います。

目的が資格の取得にならないことが大切なのです。

さらに面接では、

「私、資格持ってるんです」

だけだとなんのアピールにもなりません。

というか、

ただ

「私、資格持ってるんです」

だけであなたを評価する面接官はかなり浅はかだし、

そんな人を面接官に置いている会社で働くことはリスキーだと思います。

面接では、

資格取得に至った過程をいかにアピールできるかが要となります。

1.なぜその資格を取得したのかを伝える

→前業務との関係性、さらに向上心、さらに新しい業務へのモチベーションのアピール

2.その資格を取得するための勉強の期間を伝える

→業務に向いていること、計画的に目的達成ができることのアピール

このように、資格を取得した過程を伝えることで、

その人がその資格を取得して、

その業務で役に立つということを予想できる「エピソード」となります。

また、履歴書に記載する資格は、自分が持ってる全ての資格を書くのではなく、

募集している業務に合わせて選んで書きます。

商品企画の業務の募集なのに、

ファイナンシャルプランナーの資格を載せても意味がないし、

むしろ、

そんなことをしたら

ズレてると思われて不採用になりかねません。

就職には資格。

と言われがちですが、

「転職に有利な資格」

ではなく、

「私にとって有利な資格」

を取得しましょう。

それではまた〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする