もう友達は必要ないということに気付いた。

すごく冷徹なようですが、最近すごく思うんです。

もう、友達とか、いらないよなー。

自分にとって何が楽しいか、何がワクワクするかが分かって、

演劇始めたり、興味がある人のコミュニティに参加したり。

それを繰り返すうちにそう思ったんです。

何かやりたい時に、同じ目的で一緒に集った人達で、あーしよう、こーしよう。こんなのはどうかな。

それならこうやった方がもっと面白いんじゃない!

それいーね、そうしよそうしよ。

と繰り返すうちに、

自分は別に昔からの友達と会い続けることを求めてないことに気付いたんです。

無意味とか無価値とかじゃなくて、自分がどうしたいか、という話です。

自分のワクワクを実現することに、友達はいらなくて、

同じことにワクワクを感じる人達がいれば一緒に遊べるんですよね。

この遊ぶって本当に大切だと思ってます。

死ぬまでコレを続けたいです。

その時に、考え方とか、タイプとか価値観が違っても全然オッケーなんです。

ワクワクの部分を共有できれば。

3、4年前は、休みの日予定がないとなんだか不安で、やたらと寂しくて、

友達を誘っては話題のスポットに出かけてました。

さらに友達がどう過ごしてるか、その充実っぷりを気にしたりとか、

まあ自分とは無関係な無駄なことに気をとらわれてました。

けっこう年月がかかったけれど、「友達」に対する気持ちがだいぶ変わってきてます。

自分主導で、アレしよ!コレしよ!って気持を実現してると、他人の動きがあまり気になりません。

この感覚を、何事にも忘れたくない。

「自分主導」

話しかけられるのを待つ、じゃなくて

話しかけちゃう。

聞いて欲しいな、じゃなくて

自分から話しちゃう。

なんだかんだでいつも結局思うところは、

自分の欲望に素直になる

という事が全てです。

それではまた~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする