気にしすぎな性格は自意識過剰で図々しい。

こんばんは。

いまいけい子です。

気にしいな性格という自覚がある人は多いと思います。

私も気にしすぎるところがあったので、

今までに 何度google先生にお伺いをたてたことか。

「気にしすぎ 性格 直し方」

で検索したものです。

私の場合は、特に他人が絡むことについて気にしすぎな兆候がありました。

今の言い方、悪かったかな。

良くない風に捉えられたらどうしよう。

こんな風に言われたけど私のこと、こんな風に思ってんのかな…。

といった具合です。

気にするところは対人関係だけで、

タイツの親指の部分に穴が空いてても、

靴を脱ぐ機会が無い日なら気にせず履いてますし、

他人が絡まない部分は割と無頓着に生きてきました。

今は、自分が気にしすぎていると感じるときは、

周りはそんなに私について考えない。

基本は無関心だ。

と自分に言って気持ちを収めています。

気にしすぎな人って、

自意識過剰なんですよね。

そもそも、

この言い方良くなかったかな、なんてことを気にするなんて、

他人にとって自分の言動がそんなに影響力があると思っているなんて、

むしろ

図々しい。

そもそも人は基本的に自分のことしか頭にないので、

他人が何をしようが、すぐ忘れるし。

なにより

他人事なのです。

これを痛感するのが、

赤ちゃんの反応です。

大人(特に女性)の中には、

赤子を見るやいなや話しかけて赤ちゃんの(良い)反応を欲しがる人がいます。

赤子的には、見知らぬ場所に有無も言わさず連れて来られ、

見知らぬ人達に囲まれ、

その上やたらとかまわれる。

という摩訶不思議体験だと思います。

なぜいつも居る兄・姉やお父さんが居ないのか、

なぜいつも居る場所じゃないのか、

かまってくるこの人は一体全体何なのか。

分からないことは不安でしかないと思います。

その状態の時に、

笑わせようと大人達にかまわれるのは、

不安に追い打ちをかけることでしかないと思うんです。

赤ちゃんに懐かれず泣かれ、

嫌われたー

としょんぼりする大人を見ると、

いや、あなたのせいじゃないから、別に

と思わずにはいられません。

赤ちゃんがこの状況に慣れてきたらかまえばいいのです。

赤子は泣く環境が揃ってるから、泣いただけで、

それはあなたの影響じゃないのですよ。

むしろ自分の反応を見た相手から、

私のせいでその反応を起こしているのかしら

なんて思われるなんて、

プレッシャーでしかないです。

そして、赤ちゃんも大人も結局は同じだと思っています。

不機嫌な理由はあなたの言動に対する反応ではなく、

その人が身を置いてる状態がそうさせている。

だから、

自分のせいかも…

と気にするなんて、

お門違いだったんです。

それではまた〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする