仕事でイライラするのは我慢のし過ぎだった。

こんばんは!

大大大好きな休日もあと少しで終わりです(;_;)

さて、今日はイライラについて書きたいと思います。

わたくし、いまいけい子は、社会人になってからイライラする事が増えました。

1番ひどかったのは、25,6歳の頃。

新卒で入った会社の仕事にも慣れてきた頃です。

事なかれ主義な上司、ホウレンソウが足りない先輩、愛想のない派遣さん、期日を守らない営業さん。

その他、歩行者を優先しない車や、メールの返信が遅い友達、電車で奥に詰めない人。

なんなら異様に優しい先輩にまで、なんでそんな穏やかなんだよ!ってイラついてました。

毎日毎日イライラして愚痴が止まりませんでした。

結局、体調を崩してその会社は退職しました。

そうすると、不思議なことにピタッとイライラがなくなったんですよね。

健康も取り戻し、今まで一体何をそんなにイライラしてたのか考えました。

そして気付きました。

イライラの正体は、

我慢しすぎ

コレです。

・仕事の問題点見つけたら改善すべき

・何かあれば都度上司に報告、連絡、相談すべき

・人には愛想よくすべき

・期日は守るべき

etc…

このべき論が自分の中にあり過ぎて、頑張り過ぎたんでしょうね。

誰もそんなこと強制してないのに。

私が我慢してるんだからあんたも我慢しなさいよ

そんな気持ちがイライラの正体で、つまりは、我慢をしていない相手への嫉妬なんですよね。

なのでそれ以来仕事は気持ち半分でやるようになりましたw

仕事関係でイライラすることはだいぶ減りましたが、根強く残ってるイライラポイントがあったんです。

それは、

「気遣われないこと」

わあ、言葉にするとかまってちゃんみたいだ。

例えば後輩に仕事を頼まれた時、

もっと申し訳なさそうに頼めや(;’∀’)

とイラっとする。

普段、こういう所にたくさんエネルギーを注いでるんでしょーね。わたしは。

言い回しなんかに

少しでも失礼がないか、

相手をイラつかせないか。

思い当たる節、ありありです。

イライラの正体が分かれば、自分が何を我慢してて、何に無駄なエネルギー使ってるか分かってきます。

嫌われることやイラっとされる事が怖くて無駄な気遣いをしてたけど、

嫌われる<自由でイライラしない自分

ということで、

誰のためになってるのかもよく分からない無駄な気遣いは

やめます(´▽`)ノ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする