スーパーネガティブモードを治す方法について考えてみた。

こんばんは。

新年一発目のネガティブ状態です。イエイ

というのも私、公演で使う芝居の脚本を1本書くと仲間に約束してるのに進まない。

自己嫌悪と焦りと自信喪失と負の妄想が進みに進んで、

絶賛スーパーネガティブモード(健康に不調をきたす)です。

趣味の演劇のはずなのに毎回この追い詰められよう。

締め切りに追いつめられています。

胃が痛いよー( ;∀;)

ストレスから全力疾走したいのに、さっそくどっぷりストレス。

理想の自分と現実の自分がかけ離れていてそのギャップが受け入れられず苦しい。

真面目で完璧主義という、クソつまらない性質を持ち合わせているせいか、

いいものを作ろう。

なんてバカな気持ちが出ていつも苦しくなる。

さんざん苦しんで苦しんで絶望して

そして開き直って

いいものなんて自分には作れない、楽しく作ろう。

この心境に至るまで毎回胃が荒れる…。イタイ

開き直るところまでが本当に苦しい。

そんなストレスを感じながらも初詣に行ったり姪っ子達と遊んだり楽しく過ごしてました。

しかし

スーパーネガティブモードに陥っているせいか

20代のうちに子供を2人産んで仕事も子育てもしている兄の奥さんが(義姉さんですね)

眩しい…!!

私なんて何も産み出してなければ(子も、脚本も)

育んでもいない(子も、人との関係性も)。

ただ二酸化炭素を吐き出すだけの無意味な生き物だ。

犬や猫だって飼い主を癒しているというのに。

自分がゴミのようだ…( ;∀;)

しかも独身だってのにそれを謳歌もしてなけれ結婚する努力もしていない。

義姉さんはこんなに明るく健やかで愉快に生きてるというのに…。

私だってこんなお母さんに育てられたい…!

と、何目線かよく分からないコンプレックスを抱き、スーパーネガティブモード全開です。

姪には

ねえ~、おばちゃんは

まだひとりなの(´・ω・)??

産まれた時からひとりなの?

お父さんとお母さんはいるの?イルヨー

と言われたとです。

一体私をなんだと思ってるんだい。

かわいい(゚∀゚)

叔母の認識がまだないから、ばあちゃんちに来るといつも居る謎の大人という私のポジションが疑問なんだね。

おばちゃんは、あなたのおばあちゃんとおじいちゃんの子供で、なんと、あなたのお父さんの妹なのだよ。

産まれた時はひとりじゃなかったけど、

今は独り身です。

不思議だねえ

姪っ子には何言われても何聞かれてもかわいいからドンと来いなのだけど、

このスーパーネガティブモードはどうにも辛くて、

全然ドンと来いという気持ちではいられないから、

せめて打開策を確立しようと考えてみました

1.「自分」の認識のズレを補正

まあ自分はこんなもんだ。

っていう認識がズレてました。

残念ながら思っているよりもさらに真剣味が発揮できずダラける性質があります。

残念!

それに合った無理のないスケジューリングをしよう。

2.行動する

もうこの一言…。

これに尽きる。

とにかく、書けなくて苦しい時はクソみたいなもんでも書く。

それしかできることがないのに、この唯一できることすらしないとなると

そりゃあ、自己嫌悪になるよね。

ウジウジ悩みながら

何もしないのが一番のストレス。

そんなこんなでここで書いてちょっとだけスッキリしました。

読んでくださりありがとうございました。

強く生きます

それではまた~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする