年末年始の過ごし方〜独身貴族だワッショイ〜

こんばんは。

引きこもって2日目です。

誰かと話したいとか、人混みに出かけたいという気持ちは今のところ皆無です。

今日はお布団を干して掃除をしました。

窓を拭いたりサッシや風呂のパッキンを磨いたりというような、

大掃除と呼べるほどのことをするにはモチベーションが足りず…

いつも通りの掃除をしました。

ただクローゼットの中で山となってた靴下や肌着類をきちんとボックスに小さくたたんでしまえたので、

ここ半年くらいずっとあった山がなくなり、スッキリしてかなり気持ちがいいです。

上出来。

世の迷える独身貴族の皆様はどのようにお過ごしでしょうか。

大人になると、年末年始や夏休みなどまとまった休暇があると何をしていいか分からなくなります。

遊び方がわからい。

家族がいる人は忙しい時期であり、時間は欲しいものなのでしょうが、

独身者は時に時間を持て余してしまうことがあります。

私は20代後半で、独身で過ごすには人生は長過ぎる暇すぎる何もなさ過ぎると気がついて、

ただただ年を重ねていくのがただただ恐ろしく、その持て余した時間を全て婚活に充てました。

上手くいかなくて辛くてやめたかったのに、

この先の膨大な時間をどうしていいか分からなくて、怖くてやめることもできませんでした。

そのぐらい暇であることって、時間を持て余してしまうことって、恐いことだと思います。

婚活も仕事も手放した今、私は本気で遊びたいです。

何かを達成するためでも、お金のためでもなく、

目的のための手段としてではなく、

ただその行為がしたいという、

子供が外に遊びに行くように、ただただ遊びたいです。本気で。

というのも、

昨日TSUTAYAで借りてきた、内村さま〜ずを見て、本気で爆笑するおじさん達(ウッチャンとさま〜ず)を見て、羨ましかったからです。

もちろん、彼らはプロだから、観てる人を笑わせるという目的があるから、その裏側のことはわからないけれど。

物凄く楽しそうなんですよね。

その幸せへの感謝と、それを分けたいという気持ちがあるから、観てる人も笑えるのではないでしょうか。

私はそういう風に生きたい!

と激しく思っているのですが、同時に最近激しく思ってることがあって、

それは、

私の遊びに付き合ってくれる人達が、「遊び」以外のことを優先しがち。

それは「仕事」とか

「体調不良」とか

まあ主にそんなものなのですが。

ちなみち「体調不良」は平日の「仕事」によるものだと思っています。

休日「遊ぶ」ために体調を万全にしようと、仕事をセーブして平日しっかり眠ったり体を休めたりしないのは、既に「仕事」を優先してる。

だから「体調不良」が理由のキャンセルは「仕事」によるものだと理解しています。

私には、みんな仕事を優先し過ぎに見えるし、それのコントロールを放棄してるように見えます。

有休を余らせたことのない私は、いつだって仕事より自分を優先してきたから、

だから北海道も沖縄も富士山登山も、海外旅行も迷わず平日に休みを取って遂行してきました。

ニートの友達や無職期間の友達にとって私は、遊びに誘える社会人だったと思います。

ここは旅行に行きたいから出席する会議の日程をズラそうと、

下っ端の私が会議の日程調整をするのをいいことに、会議や外出の予定は私が休みを取りたい日とかぶらないように調整しました。

調整(融通)ができないことなんてないと思っています。

それをして誰かに怒られたことも、嫌われたこともないです。

休むために工夫をしたし、休んでも文句を言われない状況を作るために一生懸命働きました。

だから有休をたくさんとっても上司からの仕事の評価はいつだって「普通」よりも高いものでした。

私にとっての「仕事」はそういう位置づけで、そういう優先順位だったから、

仕事と体調不良を理由に遊ばない人々は、仕事を優先するだけの想いがあるのかなと思いました。

仕事がすごく楽しい、好き。
もしくは一緒に働いてる人達が好き。

もしくは生活に困窮していて、残業代や休日出勤手当が欲しい。

だからなるべく仕事に時間を割きたい。

それなら納得だし、私との遊びよりそちらを優先してくれと激しく思います。

でも、そういうわけでもなく、

休むのが気まずいとか、嫌われたくないとか、

そんな気持ちだけで、大切な時間(命)を簡単にそういう誰のためになってるのかよく分からないものに使っている。

驚くべきことに、正社員ではないフリーターの方々もそうだったりするから、

あなたは何のためにフリーターをやっているの。

と聞きたくなる。

私はそんなものに負けているのかと、そんなものは捨てて一緒に遊んでくれるくらいの「楽しい」を与えられる人間ではないんだと、

かなり悲しくなります。

だから、私が完璧なニートになったら、私の本気の遊びの、遊び相手がいなくて困っています。

この解決策としては、

私にとっての「遊び」が、遊び相手にとって「仕事」になればいいんじゃないかと思いました。

仕事なら大抵の人は一緒に遂行してくれるし、優先順位を上げてくれます。

私にとっての「遊び」を他人にとっての「仕事」にするには、実績不足が過ぎるのが難点です。

その道のプロにならないとそれは難しい。

それなら、自分の時間をたくさん持つ、主体性のあるニートと仲良くなりたいです。

あとは、1人遊びを極める。

それも悪くない。

自分の時間を無駄にしないために、これからは遊ぶ相手もしっかり選んでいかないといけないなと思ったのでした。

それではまた〜