夢を叶えるのに必要なのは夢を追う才能

こんばんは。

年末は大晦日に実家に帰る予定です。

なので今日と明日は家に引きこもります。

〆切が迫りつつある芝居の脚本が、まだ書けていません。

ひょえー

たった今栄養ドリンクを一気飲みしたところです。

今夜は長くなりそうです。

この年末年始に全てがかかっていると言っても過言ではない…!

ああくそ。

もうこれで脚本は絶対最後にしよう…!

そう心に誓ったのでした。

世の中が大掃除だ帰省だとバタつく中、すごく自分だけな過ごし方をしています。

自分の世界にいます。

今日はパソコンと向き合う1日になるはずだったのに、

映画を一本見ました。

ツタヤで借りてきました。

すべき事があるのに、何その行動力。
正しい方向に発揮すべき。

間違った方向に発揮した行動力で借りてきたDVDが、

『金メダル男』

ウッチャンナンチャンのウッチャンが大好きで、

ウッチャンが作った映画は全て見ています。

金メダル男は、「一等賞」に取り憑かれた男の半生(誕生〜50代くらい)を描いたものなんですが。

感動しました。

ウッチャンも50代だから、このような映画になったのかな。

人生って続くし、この先思わぬいいことも悲しいことももれなくある。

そんな無情と愛が詰まった映画です。

何が良かったって、

主人公の泉一が、一等賞のためにジタバタジタバタ、

見苦しいまでにもがくところです。

上手くいったり、失敗したり、上手くいっても長続きしなかったり。

ずーっとずーっと

苦しみながら一等賞が欲しくてもがき続けています。

まさしく人生で、

なーんかそんな人生に対する愛が詰まってて、

ウッチャンの愛を感じて

2回泣きました。

まあつまり私はウッチャンが好きなんです。

対象が一等賞でもそれ以外でも、夢を追うって難しくて、

いつの間にか夢に追い詰められたりもする。

金メダル男やバイキングやカンニング(私の中で遅咲きの芸人さんといったらこの2組)は、夢を追う才能があると思います。

たいていの人は辛くて就職したり、夢を追う以外の道に入る。

夢を追うことって怖いけど、今すごい人と言われる人たちは、元から才能があったとかそういうことではなく、追い求め続けた結果のように思います。

だから1番必要なのは最適な方法で夢を追い続ける才能だと思いました。

夢が、結婚でも、就職でも同じです。

自分が欲しいものを求め続けること。

ちなみに私は生粋の怠け者で大抵のことはめんどくさく、継続は苦手で、その才能は皆無だと思います。

夢を追うには意志薄弱で、臆病過ぎる。

でもルーチンな仕事は飽き飽きして、辞めちゃうし。

さて、どうやって生きていったらいいのでしょうか…?はて。

栄養ドリンクが効いてきました。

恐るべし、眠気も飛んで覚醒してる。

しょうがねえ。

向き合うしかねえ。

いざパソコンへ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする