ドタキャンの理由が体調不良。その真相は?

メリークリスマス

いまいけい子です。

みなさまいかがお過ごしですか?

私はいたっていつも通り、夕飯はひじきの煮物です。

うら若き独身彼氏なし女子にとっては予定を入れたい日でもありますが、

私は歳を重ねて今日という日に1人で過ごすことになんの抵抗もなくなりました。

そんな私も昔は寂しさから、せめて女友達とイブを過ごそうとしたものです。

今でも印象に残ってるイブの思い出があります。

あの時私は、25歳でした。

女友達と2人で、クリスマスイブに、とあるイベントにいこうとチケットを予約して予定を立てていました。

が、しかし、

当日にドタキャン。

体調不良とのこと。

前日から体調が悪かったものの、翌日には良くなるだろうと思ったが、当日になってやはり無理だったとのこと。

その連絡を受けて私が思ったのが、

…私、あなたに嫌われてたの?


確信犯なの?ねえそうなの?






ダメージの大きいイブをあえて選んだの?






そこまで考えました。

体調不良なんだししょうがないんじゃない?

そんなまっとうで冷静な声も聞こえてきそうですが、

とっても楽しみにしていて、おかげでイブも寂しくないと強気に過ごして来た反動か、

当日にドタキャンされた側の私としては、

私だけの気持ちでいっぱいいっぱいでした。

イブに2人で立てた、予約も発生してる予定をドタキャンて、

予約までしてるのに、楽しみにしてたのに、当日になって連絡するって、













鬼なの?







本気でそう思いましたよ。ええ

楽しみにしてたからひたすら残念だし、

こんな日にそのイベントに1人で行くのも嫌だし、

他の人を誘うにも、こんな日に誘うのは悲壮感が過ぎてみじめでできない。

うら若きわたしは悲しい気持ちに支配されてました。

まあ、結局、その時わたし、行ったんですよ。

結局、そのイベントに、ひとりで。

お台場、だったかな。ええ

この日が12月24日じゃなければお台場に一人で行く事は、そんなに難しいことではないハズと、

今日はイブではないと自分に言い聞かせて、

光り輝くお台場へ。

この行動に出るあたり、その後の独身彼氏なしライフに繋がる気がしてならない。

しかもその先の未来で、婚活という当時想像もしていなかった活動を行い、

ドタキャン砲を数発食らうことになるとはこの時思いもしなかった…。

何はともあれ、ドタキャンされた側にとっては、その「体調不良」の真偽すら疑うわけです。

体調不良によるドタキャンの連絡を受け取った私は、

体調不良なら仕方ないよ(o^^o)

今日はあったかくして、ゆっくり休んでね。

と当たり障りのない返信の文章を作り

ませんでした。

代わりに、

いかにその友人と出かけることを楽しみにしてたか、いかに残念に思ってるか、悲しい気持ちでいっぱいかを文章にして、返信しました。

真偽はともかく体調不良と言う相手に、酷なことをしたのかもしれません。

だけど相手の気持ちが分からなかったから、

もしかしてこの人に嫌われてるのかもという気持ちを持ち続けながら今後も付き合いを続けるのもいやだったので、送ってみました。

何よりわたしがモヤモヤするのがイヤだったから!

それに対する、彼女からの返信には、

いかに自分の体調が悪いか、

なんと、それだけを訴えてきました。

私の気持ちへの謝罪や共感よりも、

ただただ、いかに体調が悪いか、その体調が悪くなる状態に至るまで彼女がどのように過ごしてきたかが書かれていました。

ああ、これは、

体調が悪いんだな!









そう思いました。

そして彼女という人間と私との、その予定に対する気持のギャップも感じました。

ドタキャンにより自分の気持ちでいっぱいいっぱいになった私と同じように、

体調不良でしんどい、お前の楽しみにしてた気持ちなんて汲んでるどころじゃない、という自分の気持ちでいっぱいいっぱいになってる友人。

分かったよ。

体調が、悪いんだね。

そんな風に私なりに納得できた出来事でした。

わたしは、他人の気持ちって、対面しても分からないくらいで、メールやLINEの文字だけだとさらに分かりません。

どう頑張っても他人の気持ちの真相は分からない。

相手の気持ちは予想しかできない。

予想をつけられるように、自分なりにその予想に納得がいくようにしていくしかできない。

この時私が

体調不良なら仕方ないよ(o^^o)

今日はあったかくして、ゆっくり休んでね。

と送っていたら、

ありがとう(o^^o)

本当にごめんね(><)

という当たり障りのないメールが返ってきたと思います。

そしたら私は、

本当に体調が悪いのだろうか?

私のことが実は嫌いなんじゃなかろうか?

と、相手の気持ちの予想ができずにいたと思います。

ドタキャンされた時の神対応など模範例はネット上にたくさんありますが、

この言葉を投げかけたらこの人はどんな言葉を返すだろう。

そんな風にして踏み込んでみるのも真相の予想をつける方法としていいのではないかと、そう思いました。

クリスマスイブなんてただの数字だぜと、

ひじきを食べながら強がっても、

こうしてイブの思い出を振り返る私は、

やっぱり王道の素敵なクリスマスイブに憧れてるんだと思います。

そんな最中、高学歴ニートTくんより、

メリークリスマス!(きっとひとりだろうと踏んでいる)

とのLINE。

きいいいい!

※ ↑ 悔しがってます。

なんだかんだ、王道への憧れとコンプレックスの塊なわたしです。