退職を同僚に伝えるタイミング

退職が決定したものの、退職日はまだ3ヶ月先。

人事課にもう書類は回ってるのでさっさと同僚にも公表したいと私は考えていました。

上司「いつ頃公表する?」

私「来週の月曜なんてどうでしょう」

上司「早え…」

※先週の金曜日の出来事です

私の課は週一で月曜にミーティングをするので今日は報告のチャンスだったんです。

ということで本日、トトトンと報告しました。

結婚の報告するときもこんな感じなのかなーなんてドキドキ思いましたが、

たぶんだいぶ違いますね。

迷わず祝福されるだろうし。

いや〜

驚かれました。

まあ、

でしょうね!

しかも詳しくは言ってないけど次も全然決まってない上に、やりたい仕事も特にないんだぜ!

働きたくないだけだぜ!

あと3ヶ月気まずい局面も出てくると思いますが、私のことは一刻も早く、

「退職する人」として扱って頂きたい!

それがみんなのためでもあると思うのでさっさと公表することに迷いはありませんでした。

仕事ひとつ頼むのも、共有化するのも、私が辞めるのであればやり方が違ってくると思うので、二度手間みたいなことはしてほしくないです。

私は年度末いっぱいで退職するのですが、退職届を出すのも、公表するのも、早めだと思います。

今まで数々の退職者を見てきて、

辞める際にやんややんやと言われるケースは総じて

急!!

辞めるの急!!

次の就職先が決まってから辞める場合はしょうがないとは思いますけどね。

あと辞めたくて辞めたくてしょうがない場合ね。

私の場合、次が決まってないから時間的制約がないので、だったら全て早め早めで引き継ぎもバッチリやって、

身辺整理を十分にして辞めようと思います。

遊ぶために辞めるようなもんなので、そんな自分のためだけの選択で他人様に迷惑かけられないという気持ちもあります。

覆ることがない決定事項については、引き延ばしてギリギリに言うよりかは、早めに伝えるに越したことはないと思います。

なので退職を公表した今、会う人会う人に

わたし辞めるわ〜

と伝えてます。

軽っ

て言われますけども。

私にとっては3ヶ月前が退職を伝えるベストタイミングだったと思います。

それではまた〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする