自分に自信がない原因は実績と経験不足

こんばんは

いまいけい子です。

今日は仕事帰りに歯医者に行ってきました。

虫歯の詰め物が取れ、さらにその歯が虫歯になっていました。

これは深いところを削るだろうと覚悟して行きました。

私は痛みにめっぽう弱いです。

大人になるにつれて恐怖心はでかくなるばかりです。

子どもの頃は、「歯医者さん」に任せておけば安心、とされるがままに何も考えず口を開けて治療されていました。

大人になってからは、「歯医者さん」も「お医者さん」も「学校の先生」も「上司」も人間だ、失敗はありえる。

その肩書だけで100%信じ切れない!!

怖い、失敗怖い、痛いの怖い

とビビりまくりです。

歯を削り過ぎやしないか。

ほっぺたの内側の皮(肉?)を巻き込まれやしないか。

もう怖いことばかりです。

削り始めでキンキンする痛みに顔を歪めビビりまくる私を見て

先生「…麻酔しましょうか」

私「え?」

虫歯の治療に麻酔?

結構掘るのは分かるけど、親知らず抜いた時の麻酔(注射)が痛すぎて麻酔のための麻酔(飲み薬希望)が必要と思ったくらいに歯の麻酔は避けたいのに、麻酔するの?今日?

全然その心の準備してない…。

注射を持ってきた先生。

ビビって勝手に体を起こす私。

私「麻酔、痛いですよね」

先生「痛くないよ」

私「削るのより痛くないですか?」

先生「痛くないよ」

私「でも歯医者さんの麻酔って痛いですよね。口の中の痛みって強めに感じるし」

先生「そんなことないから、麻酔しないと削ってる間ずっと痛いよ?その方がイヤでしょ」

痛さの基準は他人と比較できないから聞いても無駄だった…。

考えるわたし。

笑う歯科助手のお姉さん。

麻酔しないと削られている時に痛すぎて顔を動かしてほっぺた削られるかもしれない。口内炎もあるしそれは激痛い。

けど麻酔は体によくない気がする(たぶん)、それに歯茎やほっぺの内側に打つ麻酔の注射が痛いのは知ってる。

一瞬の痛みとじりじりと削る間ずっとキンキンする痛み。

私「麻酔、お願いします…」

しょうがなく体を寝かせ口を開けましたとさ。

そしたら、

全然痛くなかった。

先生!

すごいよ!!

むしろあまりに痛くなさ過ぎて本当に注射したの?

実はしてなくて、注射したように見せかけて心理的に痛みを感じなくなっただけではないかと疑ってしまうほど、麻酔の注射は痛くありませんでした。

先生「痛くなかったでしょ」

私「…痛くなかったです。」

先生「言ったじゃない。全然信じてないんだもん」

私「…ハイ。へへへ」

ええ。ちっとも信じていませんでしたよ。

でも、ここの歯医者さんのこの先生の麻酔が本当に1ミリも痛くなかったから、その点については今後信じきれるなと思いました。

実績と実体験を積み重ねていかないと信じ切れない。

そんな、メンドクサイ大人に仕上がってます。

でも他人だけじゃなくて自分のことも信じられないのです。

自分がやれてないことは何ひとつできる気はしないのです。

自分がやったことがない何かができるなんて信じられない。想像ができない。

だからやっていくしかない。

それをやった、やれたという過去が欲しい。

仕事を辞めるのもそれ。

自信があるからやるのではなく、それを手に入れるためにやる感じで。

ああ怖い怖い。

って言いながら生きてるここ2年くらい。

きっとこの先もっとそうなる。

もっとそうなりたい。

それではまた~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする