自分を変えたい時は、今までの自分ならしなかった事をする。

こんばんは

 

 

採用面接を受けてきたいまいけい子です。

 

 

来週から怒涛の面接週間となります。

 

 

婚活も転職活動も、

 

 

やるとなるとものすごい数を打つ傾向があるので

 

 

ここからは健康管理に気を付けていきたいです。

 

 

さて、わたしが婚活も転職活動も、

 

 

標的を絞らず、デートをしまくる、面接を受けまくるのは、

 

 

自分が望むものが分からないからです。

 

 

婚活の時だって

 

 

歳下も歳上も、バツイチも未婚も、

 

 

サラリーマンだって自営業だって公務員だって

 

 

相手の肩書や条件は見境無しでした。

 

 

どんな人がいいかってのは、一向にハッキリしなかったのですが、

 

 

たくさんの人に会うと、

 

 

この人よりかはあの人の方がいい。

 

 

という感想を持ちます。

 

 

そうして最も望む人を見つけた感じです。

 

 

今回、転職活動をする上でも

 

 

やりたい仕事なんて特にないし、

 

 

業界や職種を絞ることができない…( ;∀;)

 

 

とエントリーする基準が分かりませんでした。

 

 

だから

 

 

うーんこれは…?どうしよう。

 

 

良さそうな気もするし、合わない気もする。

 

 

というときはとりあえずエントリーしています。

 

 

今まで携わってきた業界・職種もエントリーしたし、

 

 

全くの未経験の業界・職種もエントリーしてみました。

 

 

そして今日、今までの私だったら決して踏み込まない業界・職種の面接に行ってみたんですが、

 

 

へ〜面白そうじゃん。

↑偉そう

 

 

と思いました。

 

 

未経験なので実際にやってみないと分からないことは多く、

 

 

挑戦することは怖くもあるのですが、

 

 

少なくとも経験済みの業界・職種よりも

 

 

ワクワクしました。

 

 

今までと同じような仕事だと、

 

 

今後働く自分についてイメージしやすくて、

 

 

経験済な分、失敗や緊張も少なさそうで安心感はあるけど。

 

 

でもそれって

 

 

過去の自分にまた戻ることと同じだと思ったんです。

 

 

大変じゃないし辛くもないけど、感動も成長もない日々です。

 

 

で、私が1番望むことって、

 

 

そんな今までの自分から

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変わりたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってことなんだと思いました。

 

 

そう思ったら、この未経験の仕事に挑戦することへの恐れは、

 

 

ゴーサインだと思いました。

 

 

やってみてうまくいかなかったら

 

 

また辞めて軌道修正するまでです。

 

 

私は中学生くらいから、

 

 

今の自分から変わりたい、

 

 

自分のこの部分の性質が嫌だ。

 

 

と思うことがとても多くて

 

 

自己啓発本を読んでは心を入れ替えたり、

 

 

考え方や捉え方を変えようと試みましたが、

 

 

自分の気持や決意だけで自分を変えようなんて無理な話で、

 

 

手っ取り早く変わるには

 

 

今までの自分ならやらないことをやり、

 

 

今までの自分なら接してこなかった人たちと過ごすことだと思いました。

 

 

そういう意味では、

 

 

自分が働く組織ってのは、

 

 

かなり自分という人間の形成に影響があって、

 

 

変身を遂げるチャンスだと思いました( ´ ▽ ` )

 

 

もうね、書類作りと面接準備と面接で今日はかなりのクタクタです。

 

 

ということで

 

 

それではまたね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする