自分が嫌で変わりたいなら自分とは違う他人と過ごしてみる。

こんにちは

ついに湿疹を経て顔面に炎症ができたいまいけい子です。

引っ越してきたばかりで住宅の湿度の変化のせいか、

はたまた新生活や就職活動がストレスなのか、(自覚無し)

原因はさだかではありません。

勢いで始めた同棲生活ですが

他人と住むと分かることが増えて面白いなーという感想です。

今まで平日は、2日に1回くらいのヒロシとのLINEで彼の動向を予想していました。

平日のLINEの時間帯や、土日に会った時の疲労の残り具合。

すぐに風邪を引いたり、

その風邪がいつまでも治らなかったりで、

健康な状態の彼をほぼみたことがありませんでした。

常に薬漬けの印象です。

ずいぶん忙しそうだな。仕事が大変なんだろうな。

そう思っていたのですが。

一緒に暮らし始めて思ったのは

彼はなるべくして体調を崩しているし、

仕事の忙しさや残業時間の多さなんかも

もしかしたら、なるべくしてそうなっているのかもな。

そんな風に思いました。

まず彼は引っ越し前の最後の休日を私と遊んで過ごし、

私の心配をよそに荷造りをかなり先延ばしにしていたため

引っ越し前日から当日にかけて寝ないで準備をし、

引っ越し当日はベッドを組み立て寝床を完成させるところで力尽きて

一息ついたリビングのソファで寝始めました。

各々自分の部屋があって、寝る部屋は別々なので

彼のことにはあまり口出さずにいようと遠くから見守ってましたが、

ベッドを組み立てて寝れる状態にしたというのに

エアコンをつけた部屋で、上着を毛布がわりにソファで寝るのは

私からしたらあり得ないことでwww

とっとと風呂に入って歯を磨いてベッドで寝た方が

100万倍休まるよな。

君は、そういうタイプだったか…!

そりゃあ、風邪もひくし疲れも取れないでしょうね(゚∀゚)

そう思って、叩き起こしました。

シャワーに入ってとっとと寝な。

そう伝えると彼はのそのそと起き上がりのそのそと寝る支度に取り掛かってました。

また今のところ平日朝は

私が朝食準備をしてるのですが

彼は朝がめっぽう弱くて

のそのそと起きては

あ、ゴハンあるーありがとうー

顔洗ってくるねー

と洗面所に行ってから20分近くも身支度にかかっていました。

もう先に食べたよね(゚∀゚)

なんなら食べ終わったよね(´∀`)

洗面所から帰ってきた彼がまだパジャマを着ていた時は

衝撃のあまりスローモーションに見えました。

あ、あんだけ身支度に時間かけて、

まだパジャマ着てる…!

私はかなりの低血圧ですが朝からテキパキ動き

味噌汁をあっためて魚を焼いてる間に

洗顔とベースメイクと着替えを済ませるので

彼の身支度の遅さは摩訶不思議でした。

男女逆でしょフツー(´∀`; )

あ、安心してくださいね。

おっせーよ( *`ω´)

とかプリプリしてないです。大丈夫です。

ただ、

そういうことかーーー!

って思いましたwww

そりゃ風邪引くし疲れとれないし

その体調で仕事に取り組むなら

テキパキと片付けるタイプではないのだろうし、残業も増えそうだ。

と腑に落ちました。

そして当然彼も私という他人と住んで

私の生活を垣間見て

ああ、けい子ちゃん、だからか。

と思う部分があるんだろーなー

と思いましたw

今の私の状況や状態も、

なるべくしてなっているのだろうな。

その状況を壊すなら、

自分とは違う他人の要素を取り入れるのがいいんだろうなと思いました。

面倒なことを先延ばしにしてまで

遊びという快楽を求めるその性質は

私にはないものです。

失敗しないようにと行動が疎かになりがちな私には

彼と共に過ごすことで彼の考えや発想を持てるようになり、

それは決して1人では浮かびもしない発想です。

他人と住むのは面白いです。

他人と一緒に生活できる気がしない。

と、本気で、心の底から思っていた頃があったけど、

いや、面白いです。

他人のことがわかると同時に

自分のことも分かるから

自分にない要素を取り入れたり、

相手にない要素を提供したりって、

いいもんでした。

それではまたね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする