追い詰められて花が咲く~決断できない時の前進の方法~

こんばんは

引っ越し&ヒロシとの同棲(結婚前提)が決まったいまいけい子です。

この7ヶ月、ワイキャイと楽しく男女交際してきたけい子とヒロシですが、

この1週間で怒涛の流れで決断をしてきました。

一緒に暮らすこと、どこに住むのか、どの物件に住むのか。

決断が出来たのは

ヒロシとの関係性が温まったからとか

そういうことではなく、

単純に私の住む場所がなくなることがきっかけです(゚∀゚)

追い詰められて分かることがある。

無職になって7カ月。

親のスネに飽き足らず太ももまで噛り付き、

親の固定資産に一人悠々と住んでおりましたが、

10月末についにここを親が手放すことが決まり、

1ヶ月以内に退去するよう言われました(・∀・)ヒョエー

年末までは居座れると思っていた私は

ヒロシとの今後については、自分でもどうしたいかハッキリ分からないけど、

年末までにヒロシからプロポーズされるかもしれないし☆

その時結婚するほど彼が好きなら結婚して一緒に住めばいいし、

未来のことはその時に考えよ☆

なんて呑気に都合のいい妄想をしておりましたが、

そんなことは言ってられなくなりました。

なんたって引っ越しまでの期間は1か月しかないわけです。

そしてずっと出してこなかった、自分の答えが自ずと出てきました。

あ、ヒロシと結婚しよ。

そうだ、京都に行こう。ばりにナチュラルに浮かびました。

今から一人暮らし用のアパートを借りたところで、

どうせ結婚するつもりだから(私は)

もう一緒に住んで、その勢いで結婚しちゃいたい。

住所変更と同時に氏も変更したい(効率がいい)(`´)メラメラ

そんな自分の意志を認識しました。

がしかし、

ヒロシと将来の話はしたことがなく、

結婚の話題なんて出たことがありません。

そんな間柄ですが、彼の反応を伺ってる暇なんてないので、

事情を話した上で、思い切って一緒に住むことを提案してみたところ、

いいよー(´▽`)ヘラヘラ

とのこと。

その軽さから、結婚の意志があるのか不安がよぎりましたが、

ひとまず同棲が決定。

本当は同時に結婚したかったので、

けい子ちゃん。同棲じゃなく結婚しようよ。

と言ってくれれば手っ取り早いのに、

ちっとも言わねー。

さすがにプロポーズは彼の口から言わせた方がその後の彼の覚悟に差がある気がして

私から結婚の提案はしませんでした。

そもそも「とりあえず同棲」なんて

相手の嫌なところ、面倒なところを見る機会が増えるだけの、

破局リスクが高まる行為だと私は思っているので、

なんとしても同時に結婚したいわけですよ。勢いで。

住所変更と氏変更は同時が一番ラクですし(←地味にこだわる)。

だから、一緒に暮らし始める12月までに

なんとしてもヒロシに私と結婚する気持ちにさせようと1人密かに燃えていました。

よって結婚についての話は一切することなく、

同棲の提案から3日後には物件探しに突入しました。

次々と賃貸物件のURLをLINEし、

条件を決め候補を絞り、

1日で7件の物件を見て回り、

物凄い勢いで手続きを進める私。

完全に私という濁流に巻き込まれる形となったヒロシは、

…ちょっと待って。

心がついていかない。

心の準備が…。

これ、いいのかな。

ちょっと話そうよ。

話し合いが必要だと思う。

引っ越しの話はいったん保留だよ。

とストップをかけられました(゜-゜)

一緒に住むことへの実感が決断に追いつかない様子。

ここから初めての将来についての話し合いがスタートしました。

追い詰められて初めて話し合う。

ヒロシは、将来について私がどう考えてるのか知りたいとのことでした。

もちろん私は結婚するつもりですが、

その気持ちについて彼は知りません。

彼から『結婚』というワードを出さないので、

自分から言うのもなんだかなーと思いましたが、

面倒だから全部話しました。

君と結婚するつもりだよ。私は。

プロポーズしちゃってんじゃん…(しかもエラそう)

というツッコミはさておき、

本当は同棲と同時に結婚を狙っていることも、

その方が住所変更やら氏変更やらの事務手続きがラクなことも主張しました(←こだわる)。

今まで結婚の話をしてこなかった分、

ヒロシはかなり面食らってる様子でしたが、なんだか嬉しそうな彼。

女性から結婚したいほど好かれて嬉しいのでしょう。

そして結婚については

断られました。ガビーン

今はできないとのこと。

一緒に住むことは賛成だし、そうするけど、

同時に結婚は難しい。

最低1年は付き合わなきゃ。

同棲は結婚前提で進めよう。

でも、結婚はまだちょっと先だね。

とまあ、彼の中では交際1年という謎ルールがあるようです。

しかしですね、同棲は破局を早める行為なので、

あと5ヶ月も結婚してない男女が一緒に住んだら別れかねません。

同棲と同時の結婚を諦めきれない私は、

交際2ヶ月や4ヶ月でスピード婚していった友人達を例に挙げたり、

私は生理が超順調なので、毎月毎月卵が確実に減っていくよ。

子を作る卵が減ってくよ。と脅したり、

住所変更と同時に氏変更した方がいかに効率的か話したり(まだ言う)、

交際1年じゃなくて知り合って1年でいいじゃん。

それなら1月でちょうど1年だよ(本当は3月)。

とごまかしたり、

あの手この手ですぐに結婚しようとしましたが、

だめ。

付き合って1年だよ( `ー´)ノ

とのこと。

何その固い意志。あるよねーそういうとこ。

ということで、結婚前提の同棲に落ち着きました。

後から分かりましたが

無職の私は賃貸契約ができないようで、

彼の存在は必要不可欠でした。

家賃折半も、初期費用折半も、無職の私にとっては、ただただ助かる。

破局しないためにも、結婚については少しでも前倒しできるよう

虎視眈々と彼に働きかけようと思います。

『その時』を待つよりも追い詰まれ。

今回の一件で改めて思うのが、

私の住むところが無くなることで、

話し合いを余儀なくされて良かったなー。

ということです。

こんなことでもないと

ただワイキャイ付き合うなんていつまででも続けられそうです。

そうすると、自分の気持ちも定かでないのに

クリスマスや誕生日にプロポーズを(勝手に)期待したり、

彼の気持ちを試したり、反応を伺ってみたり、

厄介な行動に出るところでした。

時間がないから手っ取り早くお互い本音を吐露できたので

自然とお互いの理解も深まりました。

追い詰められて良かった。

そんなわけで最近、大好きだった内村プロデュースの曲が頭でリピートしてます。

追い詰~めら~れて花が咲く

あとは~勇気とタイミング

NO PLAN「前略、露天風呂の上より~芸人魂の詩~」

それではまたね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする