会社勤めができない身体になってしまいました。

こんばんは

ダメ人間いまいけい子です。

10月は様々なアルバイトの説明会や面接や研修に参加して、

実際にアルバイトを始めてみて

1日で辞めるという暴挙に出ました。

興味本位でいろんな仕事(バイト)を垣間見て、

そこで働く社員の方々を見て改めて

もはや自分は会社勤めができない身体になってしまったと痛感しました。

満員電車はしんどいし、

社員の方々のイライラのぶつかり合いを見て

この組織を回すための兵隊(バイト)になる気が失せたり。

そもそもお金のために始めたわけでもなく、

面白そうだからやってみたバイトだったので、

こんなの割に合わないよな…と思ってしまった時点で、

面白そうだからやってみた。という範疇を超えてしまいました。

そして、私が仕事をする上で苦手なのは

お客様(外部)とのやりとりではなく、

社内(内部)での調整時のゴタゴタだと思い知りました。

いろんな正義があるのか、

八つ当たりなのか知りませんが、、、

(無駄に)エネルギーを消耗することが多かったです。

今回のアルバイトについては、組織に雇われるのではなく、

自分でお客様を作れたら何の問題もない仕事だったので、

ひとまず、自分一人でできないかやってみようと思います( ..)φ

アルバイトを1日で辞めるとか、

もう普通に働けないとか、

働いたら負け精神が芽生えていることとか、

もはやダメ人間と言われかねない状態で、

実際ダメ人間なのかもしれない(゜-゜)と自分でも思いますが、

私の場合、この感覚こそがもともと持ち合わせていたもので、

今までが麻痺をしていたんだろうなとも思います。

会社が求める人材のように振る舞って

その人材に近づく努力をし続ければ

また普通に働くことはできるのでしょうが、

したくもない仕事であれば、何なんだろうソレ。って感じです。

慣れって鈍感化ですよね。

それではまたね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする