怖くて行動できないと人生が停滞してつまらない毎日になる。

おはようございます。

ついに家からメルカリで売るものがなくなったいまいけい子です。

私は今、毎日24時間全て自分で使い方を決められるので、

自分の手で毎日を少しでも動かすために、

「実際に行動する」ということを意識して過ごすようにしています。

自分の頭の中で考えてるだけだと、何一つ現状が変わらないんですよね(;´∀`)

かつて働いていた時、

転職しようかな。

でもまた就職できるか不安だしやめておこう。

あーでも、もうこの仕事、ちょっと…。

あーでもでも再就職してもっとひどい環境になったら後悔するし。

いや、しかしこの仕事を60までとか…。ムリ…

↑コレをずっと繰り返してた頃も、毎日は何一つ動いてなかったんですけど、

仕事をしていると、なんとなく毎日が動いてるような気になっちゃうんですよね。

ルーティンをこなしたり、タスクを片付けたり。

それがね、

朝から晩まで、

とりあえずの仕事に逃げることもできない今は、

凪。

やべえでしょ。

動かなきゃやべえでしょコレ。

マジで自分で何とかしないと

何も始まらない!

ということで、あっちに行ってはぶつかって

こっちに進んでは引き返してと、

ルンバのような毎日を過ごしております。

行動する前っていろんな感情が渦巻くけれど、

その行動をすることが怖い、不安だ。

と思う時は、やることにしています。

「恐れ」の感情って、その行動をとることが「イヤ」というわけではないと思うんですよね。

例えば私は趣味で演劇をしているのですが、

枠が空いてるから、脚本、演出をやって、30分の芝居を作って人前で披露していいよ!どう?

と、お声掛け頂いた際、

うわ、怖い。

マジ不安しかない。

お客様呼べなかったらどうしよう。

役者さんにこんなもんやれるか!と言われたらどうしよう。

そもそも自分の書いた脚本で役者さんを集められなかったらどうしよう。

とね、もうね、

不安しかなかったわけですよ。

恐れの塊ですよ。

でもそれでも震えながらやってみたら、

あーホントやって良かったよー( ;∀;)

ってなったんですよね。

緊張と(自らによる)プレッシャーで胃を痛めたりして、

友人からは、

え、そんなに辛いのに、なんでそんなことやってるの?

と不思議がられたもんです。

自分でも自分が謎だったんですけど、

恐れはあるけど、本当はやりたかったんですよね。

だって自分が作ったもので人々を笑わせたいし、

それによって演じてる役者さんが幸せを感じたりしたらもう、

それって私にとってはすごく満たされることです。

ホントね、涙出ちゃう。

行動を起こす時、恐れが大きいほど、その後の心の動きも大きい気がします。

でね、もし失敗したとしても

他人から言われて行動したのではなく、

自ら望んで恐れながらも行動した場合、

やらなきゃ良かった…。

ってならないんですよね。

ただただ、自分の望みと現実を思い知って、

そして次の動きに繋がります。

そんでついでに言うと人生が停滞している時は、

このくらいなら不安じゃないし、まあいいかな。

っていう選択をしてる時です。

無難な仕事、無難な毎日。

怖い思いも、失敗の可能性もないけれど、

成功もないし心も動かない。

安定した毎日。

安定ってのはホント安く定まるってことなんだとつくづく思います。

そんなわけで行動の前の恐れはGOサインです。

それではまたね。