【お悩み】婚活後、付き合い始めの距離の縮め方が分からない。

こんばんは

いまいけい子です。

最近は男性からメッセージを頂くことがチラホラあり、

独身アラサー女としては、男性のお悩みを知ることができるのはとても興味深いです。

先日は婚活から始まった男女交際について男性からご相談がありました。

婚活をしている男女にとって、とっても興味深い内容かと思いましたので、

是非ともシェアしたいと思いました。

内容はお悩み部分が真っ直ぐ伝わるよう気を付けつつ、万が一にも個人が特定されないよう若干簡略しております。

それではさっそくいってみましょー(´▽`)/

交際後の距離感の縮め方が分かりません。

●Sさん(30代前半・男性)●

ネット婚活で今の彼女と知り合いました。

知り合って1か月、交際一週間ですが、婚活サイトで知り合ったゆえ、いまだに彼女との距離感の縮め方が分かりません。

デート回数(食事のみ含む)は既に7,8回はしています。

少し遠距離で連絡は毎日、会うのは週末に中間地点で会うような関係です。

さらに彼女は長く交際していた元カレにフラれ婚活を始め、自分と知り合ったような感じです。

彼女の話を聞いていると、元カレの存在が大きいように感じます。

自分はその彼に対するコンプレックスが大きいです。その為、1歩踏み出せないような感じです。

その彼がまた彼女にアプローチしたら、彼女は彼に寄ってしまうのではないかという不安に駆られます。

そこでいまいさんが、どのようにヒロシさんと距離を詰めたのか詳しく聞きたいです。

ブログではデート3回で交際に発展したとされていますが、交際後が詳しく聞きたいと思います。お互いの友人と会うなどされたのか気になります。

婚活してできた彼氏との距離の縮め方~けい子の場合~

まず交際スタート、おめでとうございます( ´ ▽ ` )!

それではまず私の場合から書いてみます。

ちなみに私は「距離を縮める」ということを、

お互いのことが分かるようになり、気を遣い過ぎず一緒に居られる状態(=仲良し)という風に捉えました。

彼の外面なんかに興味はない

「お互いの友人と会う」行為ですが、これは一切していません。

ヒロシとの交際半年の間に、こんな友達がいてね。と話すことはあっても、

一度もお互いの友人に会ったことがありません。

「距離を縮める」という目的であれば、お互いの友人と会うことはお門違いです。

お互いの友人と会うということは

ヒロシの、自分以外の他人と接する時の面を見るということになります。

私は、彼の外面なんてどうでもいいです。

私に対する彼が大切で肝心。

他人にとってつまらなくてもイケてない男でも関係ないし、

他人にとって優しくてカッコいい男でも無意味です。

他人に接する彼の外面をいくら集めても、

私(彼女)に見せる面は別だったりするし、

いくら「他人との彼」を見ても、「自分にとっての彼」の参考になりません。

外面を知るより、特別な男女関係である私(彼女)に見せる面をたくさん見る方が、

距離が縮まります。

よって男女2人きりのデートを重ねました。

そして私は友達の友達に会うだけでも

仲良くしなきゃというプレッシャーを感じてしまうタイプなので

交際したての彼の友人と会うのは、重荷。苦痛。

彼と会うのもドキドキするのに、その上彼の友達とも会うとなると

キャパオーバーです。(楽しさ < 緊張)

彼と仲良くなってから、大勢の方が楽しい遊び(BBQなど)をする時に

お互いの友人を集めるなら楽しそうだなとは思います。

その場合も彼が私の友人達と合うタイプではなかった場合は、そんな苦行は行いません。

別にそれでいいんです。他の遊びを探すまでです。

人と人の関係性は、結局は1対1です。

敬語は禁止。交際前から手を繋ぎ、交際直後に呼び名宣言。

私の場合、1回目のデートから彼を気に入っていて、

そのデート以降から敬語禁止令を自分に課して

LINEでも直接顔を合わせてでも、決して敬語で喋らないようにしました。

これがナチュラルにできる男女は多いと思いますが、

私は固めの性格のためナチュラルに敬語を使ってしまうタイプです(*_*;

人との距離感って、結局形から入るのが一番手っ取り早いと思うので、

友達じゃないけど友達同士のような会話をしたら友達になりやすいし、

恋人じゃないけど恋人同士のような会話をした方が恋人になりやすい。

そんなこんなで、

彼から「付き合ってください。」と言われる前に既に手を繋いで歩いていたから、

※手を繋がれたので、拒否せず繋ぎ返した。

物理的な距離が縮まり恥ずかしいことも言いやすい状態でした。

よって彼は非常に私に告白しやすかったと思います。

交際成立直後、私はすぐに、

こういう風に呼ぶね。

と彼の呼び名を決めました。

彼は初日から私をけい子ちゃんと呼んでいたけど、

私は彼のことを何とも呼べませんでした。

私は昔から人の名前をあだ名や呼び捨てで呼ぶことを恥ずかしいと感じてしまうところがあります。

よって今までの、ちょっとお付き合いしたくらいの彼氏達のことも、誰一人名前を呼んでいません。(苗字も)

ねえ。

とか

君。

とか

あなた。

とか。

自分のそんな性質を分かっていて、

それがたいてい気まずさを作り出すのも分かっていたので、

ヒロシって呼ぶね!

と最初に宣言しました。

敬語と同じく、お互いの呼び方も距離の縮まり具合に関係すると思いす。

交際直後に性行為。そして性行為なしでも楽しく遊べる間柄に。

上述の通り私は固めの性格ですが、

好きな人との性行為をもったいぶりません。

むしろパンダなので相手のことが好きな「今」を逃したらその欲はしぼむ可能性があります。

彼:付き合ってください

私:うん、付き合おうー

彼:え、いいの!やったー

離れがたくてベンチでおしゃべり

彼:うち来る?

私:バイバイするのが寂しいから行く

てな具合で交際開始と初性行為は同時でした。

これによってイチャイチャして過ごすことのハードルがぐんと下がり、

デートで躊躇なくナチュラルに手を繋いだり触れたりすることができるようになりました。

躊躇なくナチュラルに相手に触れられる間柄になると、

超個人的な意見とか感情とか、

特別な相手にしか言えないことが俄然言いやすくなりました。(既に特別な間柄だから)

私はどちらかというと素直になるのに勇気が必要な、

シャイでめんどくさい女なので、

お互い好きなのに物理的な距離がある関係性がなんとも気恥ずかしいです。

いい感じの映画を観てる最中の肩の微妙な触れ合いとか、

手を繋いでもおかしくないシチュエーションで、

変にお互いの手を意識したりが、

本当に恥ずかしい。。。

そんな間柄が続くと恋愛系の話をすることも気まずい雰囲気になってしまいます。

だからさっさと物理的距離をぐんと縮めたことがその後に多いに関係していると思います。

また、その後、性行為なしでも楽しく過ごせる間柄になるために、

デートではなるべく心が動くことを一緒にしました。

アスレチックをやったり、チームラボに行ったり、遊園地のお化け屋敷(だけ)に行ったり、

ワクワクドキドキしたり怖くなったり安心したり、

心が動き回ることは楽しいし、それを一緒に経験して

ギャーギャー言い合ったり、笑われたり笑ったりするうちに

性行為なしで一緒に楽しく遊べる相手になり、

他人と二人でカラオケに行くハードルが異様に高い私でも、

ヒロシと平気でカラオケに行って、踊れる(踊るのは私だけ)間柄になりました。

よくあるデートコースに惑わされず、「私とヒロシの2人で行ったら(やったら)面白いかも」というものを探しました。

踏み込んだ先でしかコンプレックスは払拭できない。

メッセージを読みまして、

Sさんはこんなに彼女について考えを巡らせていて、

見ず知らずのいまいけい子なんぞに相談をして、

彼女、好かれてるんだなー。という感想です。

元カレへのコンプレックスの払拭は、

一歩踏み込んだその先でしかできません。

彼女に対して踏み込めずにいるうちは、堂々巡りです。

踏み出せずに躊躇しているのは、

少なくとも嫌われたくないから。です。

踏み込まないうちは、

嫌われることはなくても、

イマイチ距離が縮まらない、その現状を維持することしかできません。

この状態で、

メッセージにあった

元カレからのアプローチが万が一あった場合、

彼女が元カレに流れてしまいそうだとSさんが思うなら、

その通りなのではないかと思います。

長く付き合った元カレと、知り合って1か月ちょいのSさんでは、

彼女にとって、

共有してる思い出の量も違ければ

知ってる良い所の数も、

自分(Sさんの彼女)に対する理解度も低くて当然です。

だけど、彼女に踏み込んで、深入りしていくことで、

元カレを「上回る」のではなく、

全く別の、深い、オリジナルの関係性を彼女と築くことができます。

そうして初めてSさんは会ったこともない元カレの呪縛から解放されると思います。

楽しい思い出の量を増やして、

いい面をたくさん彼女に見せつけて、

もっともっと彼女のことを理解してください。

彼女のことを「女性って…?」という風に捉えるのではなく、

彼女が求めることは、

ネットでも、他の女でも、一般的な女性の意見でもなく、

彼女にあることを忘れずに、よく見て、聴いてみてください。

それが一歩踏み出すことではないでしょうか。

それではまた~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする