同年代の結婚に焦るってことは、結婚がしたいんだよ。

おはようございます。

昨日は屋形船で大酒飲んで上機嫌の

いまいけい子です。

私は、スマホが広まる前から

アメブロを読み漁っていたアメブロユーザーだったのですが、

結婚に焦り

婚活をしまくるようになってからは

同年代〜ちょっと上の年代の婚活ブログをよく読んでいました。

自分が全く婚活がうまくいかなくて

闇の中に落ちている最中だったので、

同じく婚活で苦しんでいる人のブログを読んでは

分かるよ〜( ;∀;)と共感していました。

こんなに婚活をしても全く結婚できそうもない自分を恥じていたので

周囲の人が結婚するという話を聞くと

友達の友達の結婚※会ったこともねー

の話を聞いても焦っていました。

しかし、

30代に入って数年すると、

もはや20代の人の結婚話を聞いても焦らなくなりました。

職場の後輩(27歳)の結婚報告があっても、

でしょうね。結婚適齢期だもんね

としか思わなくなり、

なんだか遠い話みたいな感覚になりました。

ところが、

同じく婚活している30代や、それ以上の年代の方が結婚するとなると。

焦るような、複雑な気持ちになりました。

愛読していた婚活ブログの作者さんも、

婚活が実ってご結婚が決まると

途端に読まなくなりました(._.)

本来同じ立場(婚活頑張ってる)の人の結婚ほど、祝福したい気持ちはあるのですが、

同年代で独身・婚活中と、

共通点が多くて仲間意識があるほど、

違うステージに進んでいくのを横目に

焦るんですよね~(;’∀’)←嫉妬が強まる

結局自分は

独身で、婚活迷走中の、似た境遇の人々と繋がって

分かる分かる~

と、安心して過ごしていたいだけなんだな、と思いました。

でも、その気持ちで過ごし続ける限り、

怖いことがありすぎるんです。

あれ?みんな婚活迷路を抜けて結婚してくよ~( ;∀;)どうしよう

という気持ちを、この先いったい何度味わうのか…。

それって結局は、自分は結婚がしたいってことなんだなと、

認めざるを得なかったです。

それなら行動は決まってます。

結婚、するしかない。

5年婚活をしてもその活動が実らず、消耗ばかりしていた私は、

この、辛いだけの婚活から離れよう。

結婚しないと( ゚Д゚)

という事に思考の全て奪われるのではなく、

(結婚してもしなくても)楽しく生きる

ということにシフトして、

一切の婚活をやめていました。

それでも同年代の婚活女性が

婚活を経て結婚して幸せそうにしている時に味わう複雑な気持ちから、

私は結婚したがってるんだ。

ということを超自覚していました。

婚活を再開するその日は、必ず来るだろうと思ってました。

「結婚を諦めきれない」という、おかしなセリフを吐く立場にだけはなりたくなかった。

諦めなきゃいいじゃんっていう。

「婚活やめたけど、結婚したいよ!」

って他人にも自分にも言い続けてきたので、

彼氏欲しいな~(喉から手)って思った時に、

迷わず婚活サイトで活動できたんだと思います。

その婚活サイトでヒロシ(彼氏)に会えて

付き合うことができて嬉しいな、良かったな(´ー`)と最近よく思うので、

結婚を諦めたフリをして、自分に嘘をつかなくて良かったなと思う今日この頃。

焦りも嫉妬もサインです。

それではまた~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする