社会人になって楽しいことがないなら、必要なのは勇気のみ。

おはようございます。

巻き爪が痛むいまいけい子です。

私は学生時代に部活のOBの先輩なんかから、

「今のうちに遊んどいた方がいいよ~

社会人になったら遊べなくなるよ~」

という脅し忠告をよく耳にしました。

マジか。社会人マジで恐怖だな。

しかし、遊ぶってなんだろ。どういうことだろう。

と、忠告を受けたもののコレといった行動もせずに学生時代をゆるりと過ごしました。

ただ、なんとなく、社会人として働き出すと自由がなくなり、

学生時代と同じようには遊べなくなるんだと思っていました。

自分は結婚も出産もできる気がしないし、

それは、つまり、大学を卒業したら

死を待つだけの人生なのかな( ;∀;)

という漠然とした恐れがありました。

そして悲しいことに、

25歳頃の私は、それをリアルに実感するようになりました。

社会人は遊べないのではなく、遊ぶ口実が無い。

25歳のけい子には、当然彼氏もいなく、

いい感じの関係性の異性も存在せず、

連絡を取り合うのは学生時代の女友達(減り始める)のみ。

仕事は慣れてきたと同時にイライラすることが増え、愚痴っぽくなってました。

でも他にやりたいことも興味のあることも見当たらず、

昨日と今日が入れ替わっても気付かないような変わり映えしない平日をやり過ごし、

さらに土日を持て余していました。

※やたらと資格を取ってました。

ほんと、何のために生きているんだろう状態です。

会社での同期とのランチでは

「なんか、楽しい話ないの?」

と聞き合う始末。

※そういや、この時のランチメンバー(全員女)、誰一人彼氏いなかったな。

「あ、こないだ、会社でトイレ入ったとき、鍵閉め忘れて、開けられそうになったから、

 自力で押さえたよ。」

との面白話の提供に、

なにその面白い話www笑える。

ちょっと、もっと早く話してよwwww

という低レベルな笑いですら拾う毎日でした。

この他にも、ジブリの音楽がラップ調だったら。という妄想話が広がって、

もののけ姫の曲をラップ調で歌いだす猛者もいた。

※今でも思い出すとニヤける。

話題がないからなんとか面白く過ごそうと頑張ってましたね。(エライ)

「学生のうちに遊んどけ」ってよく聞くけど、

思うに課題もバイトもないから土日祝日は完全に自由だし、遊ぶお金もあるし、

社会人って遊べないわけじゃないよな~。。。

と思ってました。

むしろお金がある分学生より遊びの幅は広げられる。

じゃあなぜ学生の頃よりも

つまらないのか。

それは、

遊ぶ口実がないんですよね。

友人達と毎日学校で顔を合わせ、

授業終わりやバイト終わりに

どうする?何する?という場があり、

さらには部活動をしていれば定期的に集団が集まるため、

自然とイベントが発生する。

例えばお花見、バーベキュー、花火、ドライブ、スノボ、鍋パなどなど。

しかも大学では

所属研究室のイベント(料理持ち寄りパーティーとかしてた)、文化祭、新入生歓迎会などなど、

何もしなくても楽しいイベントが

(勝手に)やってくる。

友人と環境に恵まれれば、受け身でも楽しい思いができるんです。

で、私は超~受け身だったのですが、

友人と環境に超~恵まれて、楽しい思いができたんですね。

それが社会人になってからは、

会社の人々と無防備に打ち解けられず、

会社で毎日顔を合わせている人々と仕事以外で遊びたいとも思わず。

学生時代の友人とも会う機会が減り、

ああ~つまんねえ。

という毎日に突入したのです。

大人の遊びは「主体性」が無いと発生しない。

待ってても楽しいことが起こらない毎日は、

自分から行動を起こさないと変わりません。

私は20代後半、クソつまらない毎日でしたが、

会社を辞めたことで、一変しました。

物凄く楽しくなったわけではないんですが、

少なくとも毎日は豹変しました。

起きる時間も、行く場所も、作業内容も、会う人々も、

全てが変わりました。

私はこの転職経験を経て、

毎日を変えられるのは自分自身で、

自分には毎日を変えることができるんだ。

という、当たり前のようで全く分かってなかったことを、

初めて理解しました。

そこから、

結婚する人生がいい。

楽しいことがある人生がいい。

という自分の望みを自分で叶えるべく

ゴリゴリ婚活を行ったり、

社会人のワークショップやサークルに参加して

興味のあることに手を出して「遊び」始めました。

お金を払ってワークショップに参加することも、

知らない集団に飛び込むことも、

とても怖くて億劫でもありましたが、

人生が超~楽しくなりました。

土日を持て余してしまう人を不思議に思うくらい。

興味で手を出してみて、その結果気に入ったことを続けていくと

会いたい人とやりたいことで溢れていきました。

何もせず待ってても、楽しいことがお膳立てされるのは学生までで、

大人になったら自分で行動しないと

何も始まりません。本当に

新しく何かを始めることって、

勇気がいるんですけど、

最初の一歩の勇気さえ発揮してしまえば、

行動が次の行動を産んでいきます。

そしてついでに言うと、行動することで特に失うものもないですしね。

思い切ってワークショップに参加して、

その結果クソつまらなくて興味が持てなかったとしても、

失うのはほんのちょっとのお金と時間くらいです。

ひとつの「やってみたいかも」という可能性を潰せたのだから、

※老化による体力の低下や、結婚出産の関係で、やりたくてもできない事(心残り)となる可能性を潰せたってこと。

1日の大半の時間(命)をネットサーフィンで消費するよりも、お得だと思います。

勇気を発揮するコツは、

先のことを考えないことです。

参加しようとするサークルに性格の悪い女がいたらどうしよう。

宗教の勧誘されたらどうしよう。

などなど、不安はいくらでもあると思いますが、

出来る限りの下調べをしたら、

あとは先のことは分からないので、

先がやってきた時に考えましょう。

そうじゃないと、そこから一歩も動けなくなりますよ~(・∀・)

それではまた~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする