彼氏に気を使うとご機嫌な女で居られなくなる。

こんばんは

いまいけい子です。

昨日の浴衣デートは、

ちょっとしたことで私が不機嫌で過ごすという

とても残念&悲しい気持になったイベントでした(p_-)

きっかけは、

ヒロシの、浴衣で暑いでしょー。車で迎えに行くよ。

という連絡との行き違いなのですが、

もうすでに家を出てバスに乗り込んで

集合場所のヒロシ宅に向かっていた私は、

じゃあヒロシ宅の最寄り駅まで迎えに来て( ´ ▽ ` )と返信をしたところ、

その後音沙汰がなく、

ヒロシの最寄り駅に着いてしまいました。

ヒロシ宅集合で

そこから一緒に歩いて花火に向かう予定だったので、

そこからとっとと歩いてヒロシ宅に向かうか、

迎えの車を待つべきか、

どうしたもんかと思っていたら、

今から車で迎えに行くね〜( ´ ▽ ` )

とのこと。

車を停めてある駐車場まで、彼の家から徒歩で7,8分かかるため、

この炎天下の中ただ突っ立って10分以上待つことになるなら、

歩いてとっとと向かった方が

時間的に早いし、

体の楽さも大して変わらない。

と思った私は

歩いて行った方が結果早いから、

歩いて行くよ。

と、歩いて向かいました。

ヒロシ宅、駐車場、駅の距離感から言って、

バスが駅に着く時間(伝えていた)にはそこに車で居てもらわないと

迎えに来てもらう意味…?

という状態だったので、

私がバスに揺られていた30分弱ほど、

気絶でもしてたの?

というイライラに襲われて、

そのイライラテンションから

立ち直れないまま彼と面会する事態になってしまい、

さらにそのイライラテンションを自分で挽回することができず、

彼が私の機嫌を挽回しようとしないことにもイライラ。

浴衣の褒め方が近所の焼き鳥屋のおじさんに完敗なことにもイライラ。

イライラテンション気味の私を怖がってちょっと遠目にそっとしておく彼にもイライラ。

このままでは

せっかくおめかししてさながら小梅ちゃんなのに、

今日という日を台無しにしてしまう。

なんとかせねばと

歩きながらビールを飲み(小梅ちゃん…?)、

なんとかお酒の力で機嫌を挽回させる私。

屋台や花火の力も借りてなんとか機嫌は通常時になったものの、

私は今日、焼き鳥屋のおじさんのために浴衣を着た状態だよ。

ヒロシからは褒められ足りてないよとクレームを言ったり、

なんだかイライラ寄りなデートでした。

イライラしてる女には

たぶん近寄りたくないので、上記の現象が起きてしまってるんですよね( ;∀;)

これぞ負のスパイラル。

車で迎えに行こうか。という

親切からの連絡だったのに、

なんでこんなにもかわいくない事になってしまったのか…。

考えてみたところ、

実は私、最初っから思ってたんですよね。

浴衣で暑いし、

ヒロシ車で迎えに来てくんないかなー。と。

でも彼は最近仕事が猛烈に忙しくて

車を出すのもめんどくさいかもしれない。

そんなことを先回って考えて

迎えに来てというお願いをしないでいました。

今回の不満の芽は、実はそこから発生したので

最初っから言えば良かった。

迎えに来てー( ´ ▽ ` )と。

激しく、激しくそう思いました。

言ってもなんの問題も無かった。

むしろ予めお願いしといたらスムーズだった。

それで思ったのが、

先回って相手のことを考えて何かを言わないでおくって、

実はあんまり意味が無いかも。

しかも不満のタネになりかねない。

だって答えは彼が握っているから。

迎えに来てと私が言って、それに対して彼がどう感じ、どういう言葉を返すかは、

彼に任せれば良かった。

私がそれを言わなかったのは、

めんどくさい女だと思われたくないとか、

好かれていたいという気持ちで、

言うことで何か失う事がありそうで

つまりは、それが怖くて言えなかったんです。

自分に発生してしまった望みを言うことで

失うようなモノは、

遅かれ早かれ失ってしまうし、

それで関係性が破綻する場合は

遅かれ早かれ破綻するんだろうと思います。

だから自分の中に発生してしまった

望みや期待や疑問やモヤモヤは、

心の内に充満させるよりも、

ひとまずホウレンソウで彼と共有化してしまった方が、

無駄な不満を抱えることもなく

簡単に解決できることの方が多いんじゃないかと思いました。

むしろ言わない方が、

消化されないモヤモヤや期待がこじれて

シンプルだったはずのものが

複雑になって仲良くできなくなってしまう。

※今回の現象がコレです。

私の場合はこれ↑が非常に多く感じる。

ええ、今回が初めてではなく、

過去の数少ない浅い彼氏とも同じような事がありました( ;∀;)

ちゃんと伝えるってことは、

先延ばしにできる破綻を早める行為でもあるから、

破綻の覚悟を持つって

怖いけども、

それを先延ばしにすることの方が実はもっと怖いことです。

そんなわけで、

結婚も出産もしたい三十路な私は、

覚悟を持って生きようと思いました。

それではまた〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする