やりたいことがないのはやらないから。

こんばんは。

いまいけい子です。

最近は目覚ましなしで7時代には目が覚めるのですが、

昨日は起きたらまさかの晴天。

台風の影響で、雨だと思っていたのでヒロシ宅で桃鉄でもして過ごそうと思ってましたが、

実に爽やかな朝!

あー、ダメだこれ、

もう

海に行きたくてしょうがない。

もう気持ちが海水浴まっしぐら。

暑い日差しに冷たい海水、

しょっぱいラーメン。

温泉に浸かった後の帰り道の

爽快な疲労感。

この高まる気持ち、もう今日しかない。

ヒロシに

ねえねえ今日さ、

(ヒロシの車で)海に行くってのはどう(゚∀゚)?

とLINEをするも、

ヒロシは当然まだ寝てるため既読にならず。

急に海に行こうと言われても

反対されるかもしれないな。

と思いながらも

水着と浮き輪とゴーグルとタオルを荷造りし、

シャワーを浴びて朝食を食べ、

ヒロシ宅(5km)に自転車で向かう私。

向かってる途中でヒロシから連絡が来て

いいよ〜行くか〜

とのこと。

いよっし…!

胸中ガッツポーズも束の間。

台風が来たばかりで、

遊泳禁止なのでは…!?

↑気付くのが遅い。

慌てて調べてみると9時時点で遊泳禁止でした_:(´ཀ`」 ∠):

大荷物に汗だくで自転車に乗ってる自分が悲しくなりましたが、

ここまで来たら、

何がなんでも行ってやる。

午後には禁止が解かれる可能性もゼロじゃない…はず…たぶん!

その旨もヒロシに送りつつ、

実はもう近くまで自転車で来てるんだ( ^∀^)☆

とメリーさんのようなLINEを送り

ヒロシ宅に突撃しました。

ヒロシは私の勢いに若干引きつつ、

海に行くって泳ぐって事だったの?

見るってことじゃなくて?

ドライブだと思ってた。

と言っていたので、

海行ったら泳ぐでしょ。

見るって何よ。

と『海に行く』の概念の違いを確認しつつ、

車で出発。

車内のおしゃべりで、

海水浴になんら興味を示さない彼は、

海は遠くから見てるからきれいでいいんじゃない。

だいたい子供がいるわけでもないんだし、

いい歳した俺らが海水浴ってさー(=^▽^)

と言っていました。

彼が海で泳ぐことに関心が無いようだったので、

海水浴を楽しみたい時は別の人材を確保した方が良いということを肝に銘じました(*´-`)

それと同時に、

年齢を言い訳にしちゃいけない。

と思いました。

年齢を気にしてやりたいことをやらないでいたら、

この先出来なくなることは増える一方であり、

それって、

お先真っ暗です。

何歳であっても、いつだって、

今から、ここから、

やっていくしかないので、

やってみたいと思ったら吉日。

もう遂行するしかありません。

年齢とかお金とか時間とか。

大人にはいい感じの言い訳材料がそこら中に転がってますからね。

やりたい事がない大人は多いけれど、

何もやらないからです。

まずはやってみないとやりたいかどうかも分からない訳だから。

何も行動せずしてポンとやりたい事が出現するわけがないんです。

これって本当にやりたい事かなー。

なんて、

そんな保証はどこにもないので、

とやかく言ってないで、

行動あるのみです。

やってみてイマイチだったら、

もう2度とやらなきゃいいだけです。

さて、海水浴への燃えたぎる炎を私だけが抱え

現場に到着すると、

晴天ですが、

遊泳禁止。

当たり前か…。

テンションがだだ下がりする私の様子を

隣でケラケラ笑ってるヒロシ。

じゃあ海岸でも歩こうよ。

海きれいだよ。

と、炎天下の中を歩き回る私たち。

クソ暑くて目の前に海があるのに入れない苦痛で、

余計にテンションが下がる私。

近くに大きな水族館があったのでそこに入って

涼しげに泳ぐ魚たちを見て元気を取り戻し、

イルカのショーではオキゴンドウクジラも居て

大満足(´∀`*)

温泉に入ってから海鮮丼を食べながら

ミラクルなことにレストランから近くの地元の花火大会の花火が見れて、

大満足なお出かけになりました。

海水浴に興味がないヒロシにとっても結果的に良かったなと思いました(´∀`*)

海に入ることは叶いませんでしたが、

遊泳禁止だからと諦めて

部屋で桃鉄してるよりも刺激的で楽しい一日になりました。

車中ではお喋りをするしかないので、

いろんなことを話せて、

それも良かったです。

行ってみるもんです。

それではまた〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする