海外旅行を経て彼氏へのモヤモヤが発生しました。

こんばんわ

無事帰国したいまいけい子です。

彼氏との初めての海外(長期)旅行に行ってきました。

毎日晴天で、食べ物も美味しく、

言葉の不都合で嫌な思いをすることもなく、

旅行自体は大きなトラブルもなく、穏やかで楽しいものでした。

ただ、交際期間3カ月、しかも私は交際が長く続かない、

冷めたらお別れへの加速が止まらないこじらせ婦人です…。

そういう意味では、この旅行はだいぶ思い切りました。

長時間一緒にいることで、別れを加速させることになるかもしれないからです。

結論から申しますと、

彼、ヒロシへの、

モヤモヤが降り積もっております(゜-゜)

お互いの性格によるものか、

ケンカは発生せず、終始穏やかで、大きな問題はありませんでした。

だけど、

なんとなくの不機嫌や、

なんとなくの不満が確かに彼にも私にもあり、

それを私が見過ごすことができないのです。

ヒロシに10日間近く一緒に過ごして嫌にならなかったか、

モヤモヤが溜まらなかったか聞いてみましたが、

そりゃ人間だから多少はあるけど、そんなに大きな問題じゃない。

とのこと。

確かに大きな問題ではないのだけど、これが降り積もった先にお別れがあるのではないかと思う私。

そもそも海外旅行に全く興味が無い私が、

海外旅行好きな彼の誘いに乗った時点で、

『一緒に行ってあげてる』

という意識がどこかにあって、

それによって生じた不満もあるので、

そもそも、この旅行に参加したことが間違いなのかも…。

そんな風にも思いました。

彼の急なプラン変更により、(やっぱり電車に乗ってここに行こう!(^^)!)

数少ない私が興味があったところに行けなくなってしまい、

プラン変更についてはよく考えず快諾して、後から

ということは、あそこも、ここも、行けないということか…!!

とその町を離れる時に気が付いたものだから、

彼に文句を言ったところで今更という感じがして、何も言えず、ただ不機嫌になっていた私。

彼はそんな私の気持ちは知らないから、不機嫌の理由は分かっていない。

数時間後、

せっかくヒロシが楽しみにしてたのに、

前代未聞な有休の使い方をして実現した旅行なのに、

不機嫌な女が隣にいたらかわいそうだ(._.)

自分の願望をよく考えず彼の提案を快諾したのは私なのだから、

今更それによって生じた不機嫌を彼にどうにかしてもらおうなんて図々しいよな。

となんとかテンションを取り戻し、笑顔で過ごすようにしました。

だけどその後、彼の言動の中で、嫌な部分が目に付くようになってしまい…(:_;)

お店での英語対応など、ヒロシが主にやっていたせいか、

彼に「自分ばかりやってる」類の不満が垣間見え、

私にも同じことを求めて来たり。

これ美味しいね~(´▽`)

と言い合って楽しく食事しているときに、

日本でこの味再現してよ(´▽`)

とのヒロシの発言があったり。

彼の、料理を作って欲しい圧に耐えられない私。

どうやって作ったんだろ、レシピ知りた~い☆

と言う女子なら何の問題もない発言だけど、

そんなことは微塵も思わない系女子(婦人)のため、

自分で作れよ(心の声)。

と思ってしまう。

さらには、(まだあるんかい)

ヒロシが後ろを歩く人に気を遣って、道を歩く私をどける(道を開ける)行為が目に付いたり。

後ろに目が付いてるわけじゃないんだから、

誰の邪魔にもならずに歩くなんて無理なんだから。

そもそも後ろを歩く人にだって目が付いてるんだから、勝手に避けるでしょ。

名前も知らない人に気を遣うよりも、私に気兼ねなく歩かせてよね。

と心底思ったので、これについては伝えました。

なるべくキツくならないように伝えたつもりですが、

ションボリしていて。

楽しいだけの旅行にしたいだろうに、悪いことしたなと思いました。

そんなこんなで、なんとなく悲しい気持ちが降り積もって、

彼との今後を考え込んでしまいました。

そんな最中で、彼とショッピング中に、

こんな服着ればいいのに。

おとといの服はすごくかわいかったけど、

昨日のだぼっとしたデニムは好きじゃない。

そのワンピの柄はヘンだよ。着てる人がけい子ちゃんじゃなかったら近づかない。

などなど、彼好みの服装がだいぶ把握できたと同時に、

それと私の好む服装は異なっていて、

モヤついてるから、彼好みの女性になろうという気にもなれず。

ついでに言えば彼の服装と私の好む男性の服装も異なっている。

それも伝えてみたら

うーん、そっか…(._.)

と困っていました。

自分のお気に入りを好きな人に気に入ってもらえないって、

思ったよりも残念な気持ちになるよね。分かる

ヒロシのお気に入りの服達が好みなら良かったのに。

そんなこんなで、私、思ったんですよ。

もう、相手を変えた方がいいんじゃないの?

彼に手料理を作り食べてもらうことを至福に思い、

後ろを歩く人にも気を遣う気配り女子で、

彼好みの服装をナチュラルにしている女性。

私にとっても、

気遣いを私に求めない、適度にだらしない男性で、

彼女に手料理を求めず、

(そんな男性がいるか謎だけど)

デニムや奇抜な柄のワンピを受け入れてくれるカジュアルな服装の男性の方が、

(そんな男性がいるか謎だけど)

断然ストレスなくずっと仲良しでいられるよな…?

そんなところまで思考が進んでしまいました。

それぞれの問題は大したことがないと思うんですけど、

相手を変えた方がいいのかも。

ということを真剣に考えるということは、

好きが冷めたということでもあると思います。

好きなら、全てどうってことない事に思えます。

私はまたしても、

恋が冷めたその時に、

愛が残らないような関係しか築けなかったのでしょうか(:_;)

まだ付き合って3か月じゃーんwww

とも思われそうですが、

3ヶ月付き合った関係性と、1年付き合った後の関係性って、

大して変わらない気がします。

長く付き合うことで変わる事ってそんなに無いんじゃないかなー。

いろんな意味で寂しい気持ちでいっぱいです。

気持ちが冷めても長く付き合うようなことは、したことが無いのですが、

手を伸ばせば握ってくれる人というのは、

それだけで付き合い続けることができると思いました。

そういう理由で付き合い続けている人もたくさんいるんだろうなと思いました。

彼氏ができないとか、

結婚できないと言うと、

理想が高いんじゃない。

と言われることが私は多かったのですが、

彼の年収とかそういう条件的なことはどうでもいいけれど、

関係性という面では、私は物凄く理想が高く潔癖であると分かりました。

完璧に信頼し合えて、大切にし合える関係性。

そんな関係は無理なのかもしれないし、

それこそ「今」手に入るものじゃないのかもしれない。

白と黒の関係性しかなく、

いいところもあれば悪いところもある。

というようなグレーを受け入れにくい体質は、

恋愛だけじゃなくて仕事も人間関係もしんどくなりがちです。

そんな自分の課題とも向き合いつつ、

彼との今後をもう少し過ごしてみようと思います。

それではまた~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする