化粧した方が肌にいいし、他にもメリットがたくさんある。

こんばんは

貯金を切り崩して生きてるいまいけい子です。

↑文字にすると身に迫るものがある…。

さて、4月から仕事をせずに生きている私ですが、

この無職生活を始めたばかりのころ、

化粧をする必要性に迫られなくなったのをいいことに、

外出する時はマスクのみで、化粧せずに過ごしていました。

化粧の手間と、化粧を落とす手間が省けて効率的☆

と思っていましたが、

が、

化粧をした方がいい…!!

という結論に至りました。

現代の化粧は保湿に一役買っている。

すっぴんで過ごした方が肌にいいと思いがちでしたが、

毎日のようにすっぴんで過ごすうちに、

日に日に肌が乾燥していってることに気付きました。

私のメイクは、

化粧水→CCクリーム→おしろい→チーク→アイメイク

という具合に塗り進めていってます。

メイク落としは椿油を用いて

マッサージ→コットンで拭きとる→洗顔→化粧水→椿油

対してすっぴんで過ごした日々は

起床の洗顔(水のみ)→化粧水→椿油→就寝前の風呂(洗顔なし)→化粧水→椿油

てな具合です。

ちなみにめんどくさくて風呂が翌日に繰り越される時は何もせず寝ます(・∀・)

私が思うに、CCクリームを1日肌に乗せている方が

肌が乾燥しない!

蓋がされている感じで水分が蒸発しない!

さらに化粧を落とすために椿油でマッサージをするのも結果的に保湿になっている。

CCクリームを使用していることや、

保湿クリームを使用していないことが関係しているのかもしれませんが、

乾燥という面以外でも、

マスクだけでは防ぎ切れてないであろう紫外線も、

屋内でのUV対策という面でも、

結局化粧をした方がいい!

そんな結論に至りました。

化粧をして無職生活を送った方がいい人生になる

自分で自分を律さないと

あっという間に堕落していく私の生活。

肌にいいだけでなく、

化粧をする日々は他にもメリットがあるのでご紹介します。

化粧をすると目が覚めるし、二度寝もしにくい。

化粧をすると、目が覚めます。

アイメイクをするときに多少は集中して行うためだと思います。

これにより、1日が始まった感じがしてスイッチが入ります。

また、

いつでも寝れる身分としては、

二度寝が唯一の敵です。

「化粧をしたまま寝る」ことの抵抗感は、

夜だけでなく、二度寝にも有効です。

化粧した状態で寝てはいけないという刷り込みにより、

二度寝予防になります。

また、ベッドや枕に化粧が付かないようにという気持ちも働きます。

まあ、一番最強なのは、

布団を干しちゃうことですね。

今は暑い日が多いので、

起きてから16時くらいまで干し続けると、ゴローンとできず二度寝しません。

※取り込んだ後のあったか布団という誘惑は発生します。

人と会うハードルが下がる

突然のお誘いにも化粧をしていれば乗りやすく、

これから化粧して、髪整えて出るのか、、、はあ。

となりません。

これは、とっっっても大事なことで、

何の組織にも属さず、完全なる個人として生きている今の私にとっては、

人と会って話すことは貴重で重要なことです。

人と会いやすい状態の自分でいることと、

人と会いにくい状態の自分でいることは、

もう、人生が違ってくるくらい影響があります。

いつでも他人と堂々と接することのできる自分でいたいです。

結果、彼氏をもっと好きになれる。

平日もヒロシと会う私。

すっぴんマスクで会っていましたが、

やっぱ、キレイな状態で気合い入れて会った方が

ヒロシは嬉しいだろうと感じました。

私だったら、気合い入れずにヒロシが会いに来たら、

しかもそれが続いたら、

好きな気持ちは減ります。

相手にもっと好きになってもらうように、

好きな気持ちを減らすんじゃなくて、降り積もらせるために、

素敵だ。と思われる状態で会いたい。

自分と会うためだけにキレイにしてくれていると思って、

そうして、彼には私をもっと好きになって欲しい。

好きな私に、是非とも好かれたいだろうから、

彼は私に好かれる努力をして、

そして私はもっと彼を好きになれるという、

完璧な相乗効果ということです!!!フハハハ

というわけで、

化粧をする毎日です。

それではまた~

===================================================

ブログに関するご意見ご感想、仕事や婚活のモヤモヤ、ご相談はこちら。

このサイトにて公開OKな方は【KHS】をどっかに書いてね(*‘∀‘)

====================================================

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする