下心のない男女の友情は成立しないけど、あれば素敵だ。

こんばんは

いまいけい子です。

なんだか目が冴えてるので

こんな時間に更新です。

今日はお出かけしてきたのですが、

起き抜けで駅まで本気ダッシュをし続けると、

100%貧血を起こし電車で縮こまる羽目になることが分かりました。

水を飲んで血を巡らして難なきを得ましたヽ(´o`;

さて、今日はお芝居を観に行ったのですが、

若者たちの友情と絆の話だったのですが、観ていてふと、

でも、男女の友情って無いよな。

と思ったのでそれについた書いてみます。

私はつくづく男女の友情って無いと思っています。

そもそも「友情」の捉え方に個人差があるから難しいんですよね。

私にとって、同性に使う「友情」という言葉は、

近親相姦並みに、恋仲になることがありえない関係性だと思っています。

※これも家族関係によるのか…

これは、私にとっての「男友達」には、全く、全然当てはまらない。

私は男友達を全員、1人残らずオスとして見ていて、

付き合う可能性や、どちらかが一方的に好きになる可能性はあると思っています。

無意識にしろ、下心を少なからず持っている状態であり、

そこに友情はあるけれど、

あくまで相手を異性として扱っています。

だから同性の友達とは明らかに違う種類の友情。

私って男の人の方が話が合って、男友達の方が多いの。

という女性がたまにいますが、

男性に女性扱いされるから居心地が良いと感じている可能性が大いにある。

つまり異性だから。

女性達の中で調和できなくても、

男性の中では性別が違うということで、違う人間という前提が大きくて

調和が必要ないから。

それを居心地よく楽だと感じるのは、

割とみんなそう!あなただけじゃなく

ちょっと話がそれましたが、

婚活して彼氏ができる前は、

男友達と2人で遊ぶこともありました。

私から遊びに誘う相手は、気に入ってる人物ではあるから、

もっと関わりを持ったり深入りして好きになる可能性だってあると思っていたし、

反対にご飯や遊びに誘ってくれる男友達は少なからず異性として私を見ていたと思います。

だから友達とはいえ、相手を男扱いしてるし、

相手も私を女扱いしている。

超高学歴ニートのTくんなんかは、

アレやコレや身も蓋もなく討論するも、

こじらせ婦女子な私の話を聞くたびに

じゃあ試しにこの童貞Tと付き合ってみるか!なんか分かるかもよ!

とのたまってたし、

私彼氏できたんだー(°▽°)

という連絡であっさり

彼氏のいるけい子さんに用はない!

とパタリと連絡をよこさなくなった(。-∀-)いいけどさ

彼らを一括りに男友達と呼ぶけれど、

どちらかに、もしくはどちらにも、下心は少なからず介入している。

だから男女の友情は下心が伴うと思っています。

全く下心の伴わない人は、たいして関わらないし、

関わりたいとも思わない。

下心って別に悪いことじゃなく、相手への興味関心。

下心の湧かない人とは2人で遊んだりもしないから、

「異性の知り合い」です。

プライベートで会わず学校や職場で顔を合わせた時にだけ話す人はコレ。

そして、

下心が最大になった男友達が

彼氏という存在になるのだと思います。

だから婚活でいきなり男女として知り合ったヒロシとは友情をもっと育みたい今日この頃。

そんなわけで、

下心のない男女の友情(つまり同性と同じような関係性の異性の友達)は、

ありえないと思う派です。

だけど、

ずーっと彼女がいる男友達を、あまりオスとして考えてなかったのに、

まさかの下心(浮気心)を向けられたり、

告白をお断りしたら会えなくなってしまった男友達など、

あーメスだからかー、私がー

と、寂しい思いもしたので、

下心のない男女の友情はありえないけど、

あると素敵だ。

と思う派です。

それではまた〜

===================================================

ブログに関するご意見ご感想、仕事や婚活のモヤモヤ、ご相談はこちら。

====================================================

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする