ふるさと納税で簡単に来年の税金を4万円減らす方法

こんばんは。

いまいけい子です。

気付けば11月も半ばで年末が近づいてきましたね。

私は毎年、年末までに必ずふるさと納税をしています。

お得とは知りつつやったことがない方も多いのではないかと思います。

そこで、今日はふるさと納税についてご紹介します!

独身サラリーマンやOLにとって、ふるさと納税ってとってもおなんですよ。

そう、ふるさと納税はお得でしかない制度なんです。

例えば、去年(平成28年)の年収が450万円のA市在住独身サラリーマンが、今日、平成29年11月15日にB市に45,000円寄付したとします。

※平成29年の年収が未確定のため、平成28年の年収を参考としています。

返礼品として独身サラリーマンはB市のゴルフクラブ宿泊施設1泊2食付宿泊チケットを貰いました。

すると、平成30年の住民税が43,000円安くなります。

つまり、実質2,000円で宿泊(1泊2食付)ができることとなります!

これがふるさと納税です。

ただし、寄付の際には必ず「ワンストップ特例制度の申請」を希望してくださいね。

だいたいふるさと納税のサイト上で寄付決定時に希望できます。

そうすると寄付した自治体から「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」が送られてくるので、

これに記入をして来年1月10日までに寄付した自治体あてに郵送します。

そうするとA市からB市に、

「その独身サラリーマンはB市に45,000円寄付したから、来年A市で給料から天引きする住民税を43,000円減らしてください。」

と、うまいこと通達してくれます。

ただ、この独身サラリーマン、例えばB市に6万円の寄付をしたとします。それでも税金は43,000円しか安くなりません。つまり自己負担額は17,000円になります。

つまり、自己負担2,000円で済むふるさと納税には限度額があるのです。

この限度額は年収によって異なります。

ふるさと納税のサイトでは簡単に限度額の計算ができるので一度やってみると安心です。

ちなみに、少額の10,000円を寄付しても翌年の住民税は8000円だけ安くなり、自己負担額2,000円は変わりません。

つまり自己負担額2,000円は絶対なのです。

私は、肉や魚や菓子にそんなに興味がないので(一緒に食べる人もいないし)、生活必需品をふるさと納税でゲットしております。

つまり、

  • 化粧品

この2点です。

本当は家電も欲しいのですが、国からストップがかかったようで、最近は返礼品に家電を見かけなくなりました。

この先制限がどんどん厳しくなりそうなのでこの制度があるうちに利用し尽くしたいと思います。

今年は年末まで働いているか自信が無かったのですが、どうやら年末まで働き続けそうです。

というわけで追加で6,000円ほどどこかに寄付して何か貰おうと思ったんですが、お米はまだあるし、6,000円の寄付でもらえる化粧品がなかなか見つからなかったんですよね。

そんな私にぴったりなサイトがありました。

実質2,000円でジェラートピケやジョンマスターオーガニックがもらえるふるさと納税サイト

ふるさと納税の返礼品は食品が主で、化粧品や日用品が充実しているサイトが少なかったのですが、このサイトでは化粧品や日用品のみの返礼品を取り扱っていて検索がしやすかったです。

あとはオシャレ。

こちらで6,000円寄付してMARCHEのコンディショナー貰います。

普段ノンシリコンシャンプー・リンスを使用しているため、髪がキシキシするのが悩みだったので編集商品到着が楽しみです!

ふるさと納税は支払いがクレジットカードでできることもあり、ポイントも付くので本当にお得でしかない!

興味がある方は是非1度試してみてください。

流れがつかめたら簡単でお得で楽しいですよ!

それではまた明日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする