過去の努力に意味を持たせなくていい〜勉強はもうしない〜

こんばんは

いまいけい子です。

GW後半が始まりましたね!

私は激しく断捨離をした1日でした。

いやー捨てた捨てた。

なんと、ゴミ袋26袋分。

実家の引越しに伴い、年内には一軒丸々空っぽにするのです。

メルカリでちまちま出品もしていますが、

見切りを付けて捨てていかないと

死ぬまでに終わりそうもありません(・・;)

という訳で、今後もドンドコ捨てていこうと思います。

たくさん動いからビールが美味しいー( ´ ▽ ` )

捨てた物の中に、

大学時代のノートやレポート、授業で使ったプリントに、

前の会社で取得した資格試験のテキスト、ノート、

公務員試験の問題集やほんの数ヶ月前まで仕事で使ってたノートなんかもありました。

どれも懐かしい。

頑張ったなー、私。

うんうん。

捨て。

全部捨てました。

今まで全て取っておいたのは、

頑張った思い出として手元に置いておいたのだと思うけど、

再びノートを開くこともなく、

そこにあることすら忘れていました。

思えばこれらは全て私のお勉強の歴史です。

北島マヤより姫川亜弓、

悟空よりベジータ派な私は、

天才より秀才を応援したくなる、

筋金入りのガリ勉タイプです。

天然素材じゃない。

努力と忍耐で、

結果を出すためにガリガリとやってきましたが、

懐かしのノートで1番興味深いのは、

その内容ではなく、

ノートの隅に書かれてる自分の落書きや、

授業中に友人とふざけて書き合った落書き。

どうやら私は学びたいから勉強をしていたのではなく、

いい成績を残すために勉強してたんだと思います。

資格試験も。

公務員試験も。

「興味がある」とか、「なりたい」ではなく、

その結果を手に入れることをゴールにガリガリやってたんだと。

そんな風に思いました。

学生時代、試験で1番を目指して

闇雲にガリガリやっても叶わない、

追いつけなかったあの人達は、

学びたいから勉強してたのではないかと思います。

今となってはチンプンカンプンで読む気もしないノートの中身を見て思いました。

せっかく頑張ったから。

という気持ちは、

時にとても邪魔になるんだと思います。

頑張ったことを

活かさないともったいない。

というのは、

今、自分が純粋に何をしたいかを知る邪魔になります。

大学院まで行ったんだから、

研究職につかなきゃ。

こんなに頑張ったんだし、またこの業界で働いてみようか。

というような錯覚を起こしてしまうと思います。

やりたいこと、興味のあることをやる。

過去の自分の努力や我慢に後ろ髪を引かれないように、

ドンドコ捨てていきましょー(*゚∀゚*)

それではまた〜

===================================================

ブログに関するご意見ご感想、仕事や婚活のモヤモヤ、ご相談はこちら。

メールにて必ず返信します(^^)

====================================================

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする