空気を読めないのは良いこと。嫌いな人の思惑に乗らない。

こんばんは。

いまいけい子です。

最近、人の悪意に直接触れることがあり、

誰と、どう過ごすかということは、

ダイレクトに自分の人生の色を決めることになるんだなと思いました。

バラ色とか、灰色とか。

私一人でこの私の毎日を作り上げているのではなく、

他人が簡単に介入するし、良し悪しを変えてしまえる。

今生きてるこの毎日は、

誰と、どう過ごすかという、過去の自分の選択の上に成り立っていて、

この先もずっとそれが続いていきます。

お気に入りの毎日を生きるためには、

自分本位な選択が最重要だと思いました。

だから

なんとなくとか、

その場の雰囲気やノリでとか、

みんながイイって言うからとか、

そういうものに流されると、

そんな実体のないもので出来上がった人生になってしまう。

そうして不本意な人生を歩んでる大人はとても多いと思うし、

そのことを自覚すらせず呑気に不機嫌をまき散らす人もいます。

私はそういう風には本気でなりたくないから、ひとまず気に入らない職場を抜け出しました(無職)。

だからこそ思うのは、

もう私は、好き嫌いを徹底しないといけないということ。

世間とか空気とかそんなあるかないかも分からないものに流されず、

自分の感覚だけを信じて、

それが間違っていても、どんどん選んで研ぎ澄ましていくしかないと思いました。

苦手な人でもいい部分を見て付き合い続けないこと、

会うと憂鬱な気持ちになる人、

そういう人をぶった切りたい。

ぶった切るというのは、

攻撃したいのではなく、私の生活に登場させなくさせること(縁切り)。

それは、私が勝手に距離を置くということではぬるく、

私はあなたのことを完全に拒絶しています…!

ということを相手に悟らせるレベルです。

そういうことを、今までキチンとやれてこなかったから

だから今の私の状態(不満)なんだ。

と思いました。

私が相手のことを好きで、相手も私のことを好きという関係性ばかりの人生にしたい。

それがバラ色。

そこには、相手を好きになる努力とか、相手に好きになってもらう努力は発生しません。

そのエネルギーって無駄以外の何物でもない。

好きでもない人に好かれることって、本当に無駄なんだと思う。

どこにも属してない、肩書もない、ニートな私にとって一体どんなメリットがあるのか、見当たらない。

いやニートじゃなくても無駄だ。そんなもの。

今まで、人とぶつかったり、角を立てないように生きて来たので、

表立って嫌われない安全キャラでしたが、

好きでもない人に好かれたところで、良かったことって思い当たらない。

実体のない安心感。そんなもの無いも同然のシロモノだと思う。

今私は

激しく、嫌いな人からは嫌われたいと思う。

だから、そのためには、

空気は読まない。

つまり丸く収めない。

角を立てる。

元から空気読めないタイプではあるんですが(´・ω・)モウマンタイ

他人の顔色は読めていると思うので、

この人、不機嫌なのは分かるけど、原因不明(。´・ω・)

という状態にはたまになるwww

察して。が過ぎるのは他人への想像力が欠けるていると思うし、

そのタイプの人の相手をすることは、空気を読めない私としては疲れてしまうから、

残念ながらここでお別れのようですね。

と別れを告げるしかない。

要注意人物典型例として、

無職なんだから(時間あるでしょ)こんくらいやんなよ、こうしなよ、ああしなよ。

という口の出し方をする人。

私の時間(人生)の使い方に他人を介入させたくない。

ぶった切り。

あの人、お金に困っている私の前で「高速バスとか無理。新幹線じゃないと」と言うのよ

あの人、太っていることを気にしている私の前で「食べても太らない」と言うのよ

と堂々と怒りをあらわにする人にもドン引きぶった切りです。

その発言をともに聞いていたから、そこに悪意が無いのが分かるし、

ただの事実を言っているだけだから尚更、

ドン引き。

私が気にしていること(知らネーゾ)を口にしないでという図々しさにドン引き。ぶった切り。

なんだか嫌いな人(苦手な人)がくっきりしてきた。いいこと。

実体のない空気や常識をいいように使って求めてくるタイプの人を避けるために、

嫌いな人からちゃんと嫌われるように、

空気は読まずに、意識的に言動で示していこうと思いました。

あなた、うざい。

とか、どんどん口にしたいですね。

常識と礼儀をキレイにまとった、性格の悪い人に人生の色を変えられないように。

それではまた~

====================================================

愛読者様からの質問や相談、愚痴を受け付けます(趣味)!

お返事はメールにて返信します。

いろいろな話を聞けることを楽しみにしてます^ ^

メッセージはこちらから。

====================================================

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする