良い結婚相手が、一緒に子供を育てるのに適した相手ではない

こんばんは

いまいけい子です。

第二子出産を控え、産休中のB子とランチに行ってきました。

★☆B子と私のエピソード☆★

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

仕事もせずに友人とランチとかセレブみたい。いい気分(´▽`)フフ

子育て真っ最中のB子の話から、

子を産んで育てる前と後では、

旦那さんに対する見方がだいぶ違うんだな~。

と思うことがたくさんありました。

独身貴族の私ですが、

結婚イベントと子育てイベントがあまりに別モノだと思ったので、

それについて書いてみます。

いい彼氏・夫=一緒に子育てをするのに相応しい相手。ではない。

B子については、

旦那さんとタッグを組んで子育てを始める前には、

彼氏や夫としてはやっかいな方の性質として見ていた部分が、

子育てをする上では完全にプラスに働いている…!

と思いました。

B子も自覚ありです。

本人も予想していたわけではなく、

結果として良かったね(^v^)

という着地点。

だけどこのことを最初から予想するのは、至難の業。

子供が欲しいと婚活をする女性もいると思うけど、

未経験の子育てを念頭に置いて結婚相手を探すことは難しそうです。

だいたいの人が今の自分と相手との相性や、価値観でカップリングすると思います。

子を育てるという、価値観と生活スタイル大変革を経た先の2人の関係性は予想がしにくい。

だから、結婚相手=子育てタッグを組むのに相応しい相手となるかは分からない。

完全にギャンブルだなと思いました。

赤ちゃんが夫婦仲を切り裂くことは全然ある。

実際、子供の存在が夫婦仲を危うくしているカップルをよく見かけます。

男女として、あんなに最高に仲良かったのに、なんで…

とショックを受けますが、

忙しく働く2人にとって、

赤ちゃんという存在の影響があまりにでかい。

子供の存在は関係なく、既に抱えているお互いの問題があるのかもしれません。

だけど、

子供という存在が明らかにそれを浮き彫りにしているように思いました。

2人だけで暮らす分には誤魔化せる。

つまり、それだけ子育てとは、カップルの関係性を変えるということだと思います。

子育てタッグを組む相手としては、エネルギー量が多い人がいいと思う。

出産して家庭が欲しいと思って婚活に励む男女も多いとは思うのですが、

婚活男性(または女性)の「子どもが好き」とか「子どもが欲しい」なんて言葉は、

いい父親(または母親)になるかのジャッジ材料にはならない。

なぜなら実経験ゼロだから。

よく見かけますよねー

婚活サイトのプロフィール写真に甥や姪との写真を載せている男性。

女性もいるのかな。

いや、いいんだけどさー別に。

家庭的アピールにも、

いい父親になりそうでしょというアピールにも、

ならないんですよね。

甥や姪を愛する、叔父アピール(つまり婚活には割と無関係)。

バツイチ子連れ男性で、実子との写真なら、

お一人で子育てをしてらっしゃる…!

という紛れもない事実があるから、

その場合のみ子育てで戦力になる相手という判断材料になる。

ちょっと話がそれますが。

男性に対するイクメンて言葉、

個人的には、

子供の面倒をよく見るとか、

妻のサポートをするとか、

いや、

お前の子どもだから、

当たり前だろ(・∀・)

としか思いません。

サポートじゃなくて当事者でしょ。種あなたでしょ。

Σ(・ω・)ノ!

話戻しますね。

で、私なりに、どんな男性なら子育ての戦力になるかなーと考えたところ、

元気な人。

コレです。

例をあげると、

自転車で20分くらいかかるけど、あそこのパン屋のパンが好きで、

休日は朝起きたらひとっ走り焼き立てを買いに行って食べてるんだ(*’▽’)

コレ。

こういう人。

エネルギーがある人。

休日を丸1日寝て過ごすことができない人。

この性質って平日の仕事の忙しさに関係ない気がするんですよね。

さらに、男性(父親)が子供に好かれなくても、あやすのが下手でも、

そんなの関係ねえ。

切れたトイレットペーパーを買いに行ったり、

ゴミを捨てたり、

自分の住まいを自分のために自ら快適にするエネルギーがあれば、

妻が子をあやしている間に呆けずに動くことができれば、

それは戦力。

1日家でゴロゴロしてるタイプの人が悪いんじゃなくて、

そういう人は子育て戦力としてはあてにならない人として一緒に過ごせばいいと思います。

求めてもムダ(゚∀゚)体力ナイナイ

そしたら必然的に女性が父親戦力を賄うことになるから、

エネルギッシュな女性なら問題ないかもしれない。

妻が専業主婦になるなど、妻側が家事と子育ての大部分を担当できる状態にする工夫は必要ですけどね。

いや~

結婚とか、子育てとか、

本当にギャンブルでリスクがつきもの。

男女仲から見事子育てタッグを組んでいるカップルを見かけると、過程を根ほり葉ほり聞いてみたくなります。

そんなこんなで、楽しいランチでした(´▽`)

それではまた~

====================================================

仕事を完全に辞めたので(暇)、愛読者様からの質問や相談、愚痴を受け付けます(趣味)!

いろいろな話を聞けることを楽しみにしてます^ ^

メッセージはこちらから。

====================================================

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする