私はストレスに弱いから自分のために温室を作ります。

こんばんは

いまいけい子です。

送別会&飲み会ラッシュと、

土日の息つく間もない忙しさで(予定詰め詰め)

またしても胃が絶不調です。

やっと退職して仕事がなくなったので、

今日は久々にゆっくりと過ごせました。

いつも翌日に仕事があるだけで、

起きねばという緊張から睡眠に影響があったように思います。(浅い)

同じ時間寝てもリラックス度が全然違ってかなり休まりました。

つくづく私は

ストレス耐性が無いなー

と思いました。

なにか嫌なこと(ストレス)があると、

それが気になって、心配で、

他のあらゆることをおろそかにしかねないし、

何より気持ちが休まらない。

そしてそれにより

寝不足や

胃の炎症を引き起こし、

健康に不調をきたす。

アトピーや蕁麻疹をも引き起こした過去があります。

よって、

夏休みの宿題は

7月中に片付ける派です。

アレを抱えたまま

休みを満喫できない。

大学の課題でも、

毎回レポートを一夜漬けで仕上げている友人がいて、

前日までレポートに手をつけないで

そんなに明るく伸び伸びと過ごせて、

ストレス耐性あるな〜

と感心しておりました。

しかも早く課題に取り掛かるからといって、

必ずしも良いものができるわけでもないですからね。(やっつけ。てへ。)

なにがストレスかは人によりますが、

自分がストレスを感じることは

避けて生きたいと思っています。

緊張を伴う環境には身を置かないこと

苦手な作業はやらないこと

話してて憂鬱な気持ちになる人とは会わないこと

上記の状態で毎日を過ごすために、

自分がぬくぬくと生きられるように、

自分のために自分で温室を作らないといけない。

好きな人だけと接して生きれる環境つくり。

苦痛で憂鬱じゃ無い作業でお金を稼ぐこと。

温室が出来上がるまでは

まだまだ多少のストレスがあるのだろうなーと思います。

そして、

この、「ストレス」の見極めも難しい時があります。

例えば好かれたい人(間違っても嫌われたくない人)と会うときは、

緊張します。

それは会う気の進まない人と会う前の憂鬱にも似てるようですが、

前者と後者は大違いで、

前者は「怖い」なんです。

ちなみに後者は「イヤ」です。

仕事も同じでした。

仕事を続けるのは「イヤ」で、

仕事を辞めることは「怖い」でした。

わたしには「怖い」感情もたくさんあって、

イヤなことも怖いことも全部から逃げて家で寝てたい。

という気持ちもあるのですが、

この場合、

「怖い」ことは、逃げずに乗り越えた方が本当に自分が望む未来があると思います。

そこで発揮する必要があるのが勇気。

もしかしたら、

「怖い」を乗り越えて行動するよりも、

「イヤ」なことを我慢する方が、

勇気が要らなくて、楽なのかもしれません。

「怖い」を乗り越えたその結果が失敗であっても、

この「怖い」パターンは逃げない方が自分のためな気がします。

これもストレスには違いないんですけどね。

いい方のストレスと信じてます。

あまりにも「怖い」ばかりだと身がもたないので、

自分のキャパとのバランス感覚大切です。

そして書きながら気付きましたが、

この人達になんとかして気に入られたい

好かれたい

という緊張を伴う飲み会で、

ただでさえ緊張しがちな固い性格のわたしは、

緊張を取っ払うために酔うことに専念して

酔った私にお喋りを任せがち。

だから今こんなに胃がやばばなのね。

緊張しないで生きることが私の理想です。

それではまた〜

=============================

仕事を完全に辞めたので(暇)、愛読者様からの質問や相談、愚痴を受け付けます(趣味)!

いろいろな話を聞けることを楽しみにしてます^ ^

メッセージはかこちらから。

==============================

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする