承認欲求が強い人にはありがとうをあげる。

こんばんは

いまいけい子です。

承認欲求が全くない人は、

なかなかいないと思います。

仕事をする上でも、

向上心に繋がるし、

ある程度持ち合わせた方がいい欲求だと思っています。

ただ、

過剰だとやっかいです。

仕事で

派遣さんやパートさんのシフトを組んだり、

教育だったりをする立場として、

なんて承認欲求が強くて、

しかもその自覚がない(やっかいな)人だろう…!

とビックリする(引く)ことがあります。

私は、

自分が何かにイライラしている時や

不満を感じている時に、

なぜだろうと考えて、

それが自分自身の問題の時は、

どんどん対策を立ててなんとかしたいです(打開)。

自分の本当の欲求に気付きもせずに、

相手にとにかく自分の欲求を満たしてもらおうとしている

その図々しさに

びっくりします。

そんな風にして、

他人に自分の欲を託して、

それはつまり、思い通りにならないことも多いだろうし、

よくストレスを溜めずに呑気に生きていられるな。

と、感心すらします。

承認欲求が適量か過剰か、

私なりにそのラインはコレだと思ったのでご紹介します。

事実を言うだけで怒る、または悲しむ

『◯◯さん前回遅刻したから、ここの予定をこう組み直しますね。』

例えばこんな言葉です。

ニュアンスとしては嫌味な言い方ではなく、

淡々です。

そして、遅刻という事実は事実です。

それに対して

キツい。

とか、

責めなくてもいいじゃない。

ということを、怒りや悲しみという感情を伴って

わざわざ伝えてくる人がいます。

わざわざ言葉にして伝えるあたり、

私の口から、違う言葉を欲しているんだろうなと思います。

こういう人に、

いや、責めてるのではなく、

ただの事実だから。

というようなことを言っても通用せず、

自分の中の感情(不安、自信のなさ)を埋めることを求めてきます。

たぶんこのような人が欲しい言葉は

気にしないで。

とか

大丈夫だよ。

なんだと思う。

で、私はこの、事実を言われるだけで悲しみか怒りが湧くタイプの人間とは

深く関わりたくないと思っています。

だけど仕事など、状況や立場的に、

その人とうまくやることが自分にとって有利に働くなら、

ありがとう

気にしないで

あなたはよくやってくれてる。

頑張ってるの知ってる。

こんな言葉をたくさんあげます。

いくらでもあげる。

だけど、自分でその欲をいい具合まで満たせるようになるまで、

私の人生に入り込んで欲しくないと思っております。

ね、

ビバ無職。

退職まであと少しです。

それではまた〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする