誠実に生きるのをやめて、私はクズになる。

こんばんは

いまいけい子です。

もう少しで無職となるので、

今労働者として過ごす毎日は、

接する人種や出来事、

全てが貴重なものになると思っています。

今までも今もよく思うことですが、

会社という組織には

よく働く人と、

そうじゃない人が必ずいます。

特に私は大きい組織しか経験したことがないので、

この特徴をよく目にしました。

働かない方の人には、

サボるのが上手な人と、

下手だけどちゃんとサボる人がいます。

サボるのが上手な人の例を挙げると、

極端だけど、釣りバカ日誌の浜ちゃんのような人で、

まあ、浜ちゃんだから(苦笑)。

という許され方をする。

そしてサボるのが下手なのにサボる人は、

嫌われる。

私は、

お金をもらって仕事をしているからには

嫌なことも面倒なことも、やる。

という選択肢一択だったから、

やらないパターンを目撃するたびに、

アリなんだ…!

と驚いていました。

それっておかしくない?

とか

あなただってちゃんと仕事してよ。

と思うことはもちろんあったんですが、

転職したり複数の部署を経験して、

どこもそのような状態が当然にありすぎて、

そういうものなんだ。世の中は。

と思って諦めていました。

そして、人間という動物としては、

嫌なことや面倒なことを避けて生きることの方が

自然なことかもしれない。

こんな面倒(無意味)なことをきちんとやろうとする方が

不自然なのかもしれないな。

なんて思っていました。

それでも私は

浜ちゃんのように、愛嬌や人間味で好かれて

上手くサボることもできないし、

サボるのがバレバレな空気が読めない人になることもできない。

目の前に仕事があったら

やらねばと思うし、

分からないと言う人がいれば、

理解させようと説明してしまう。

↑労力をかけない人は、分からない人にはやらせない。その人は捨て駒になる。それでも組織は成り立つ。

この状態の場所(組織)に、

この性質を持ち合わせる私として居続けることが、

気に食わなかったので。

だから、私は仕事を辞めるんだと思います。

組織の中で生きるのをやめる。

それであれば

私はもう少し、

クズになれるかなと思っています。

好きな人にだけ会って、

好きなところしか行かない。

嫌いな人はシカトして、

嫌なことや面倒なことからは

全速力で逃げまくる。

仕事だから

とか、

大人だから

とかが通用しない身分になるための

フリーランス(ニート)です。

動物的感覚を取り戻していきたいと思います。

それではまた〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする