仕事に疲れた辞めたいあなたに贈る漫画ベスト3

こんばんは

正月食べ過ぎたのを危惧して、粗食で生きてたわたしですが、

反動か、

今日の夜ご飯はマックですなう。

さて、私は漫画が大好きです。

漫画はただ面白いだけでなく、人生にも影響を及ぼす力があります。

私はいつだって漫画に背中を押してもらって生きています。

オススメの漫画はジャンル・年代毎にたくさんあるのですが、

今日は、社会人としての労働にもすっかり慣れたけど、

なんだか生きるエネルギーが足りない、

しばらく爆笑してない、

そんなそこのあなたにオススメの漫画をご紹介します。

先に言いますが、

仕事は辛いこともあるけどいいこともある。

人生に無駄なことなどない、

自分の成長 のためにも、いい面を見て、頑張って働こう!

なんて言葉、私は一切信じていません。

人生に無駄なことはいくらでもあるし、

いい面だけを見て悪い面を無視して生きるのはリスキーだと思います。

私が好きな漫画は、仕事に対して希望や夢を持たせるような漫画ではありません。

え?仕事イヤなの?

めんどくさい?

楽しくない?

え、なんでそんなことやってるの?

的な漫画ですwww

それではいきましょう!

堂々第1位からの発表です!

仕事に疲れた大人に贈る漫画ベスト3

 『中退アフロ田中』

映画化もされたアフロ田中ですが、私は漫画を激しくオススメします。

初めて読んだのは今から7年前くらい。

『高校アフロ田中』から始まり、『中退アフロ田中』、『上京アフロ田中』、『さすらいアフロ田中』そして現在は『しあわせアフロ田中』と続いております。

全て読んでおります。

この漫画の素晴らしいところは、田中に全く志(こころざし)がないところです。

田中は高校を中退しますがそこにたいした理由はありません。

朝寝坊ができるとか、授業を受けないで済むとかそんな自由のために中退しちゃいます。

中退してからも昼ドラを見たり、昼間っから踊ったり、公園の砂場で山を作ったり。

たまに働いたかと思えばツラ過ぎて1カ月で辞めたり。

母親に家に家賃を入れるよう言われ、それを回避するために労働で手に入れたお金でプレハブを購入し実家の庭に置いてそこで一人暮らし(?)を始めたり。

彼には夢や反骨心とかそんなものはありません。

ただ生きてます。

ただ田中が生きるだけの漫画なんです。

そんな田中を、

バカだな~

なんて笑って読んでるんですが、

ピュアだなーとも思います。

何かを始めるのに志なんてなくてもいいんです。

大人は何かと立派な理由をつけたがりますが、子ども達はやりたいからやるだけです。

田中も同じです。

そんな田中の名言をご紹介します。

高校を中退してその後もプラプラして働かない田中。

自分は働きたくても働けない若者「ニート」なのか考えた結果、

オレは働きたくないから働かないワケだから、実に単純明快だ

じゃあ…オレはなんだ…?

オレは、田中広だ!

文句あるか!!

オレは…田中広じゃい!!

会社員とかOLとかフリーターとかニートとか、そんな肩書の前に一人の人間であることを思い出させてくれる名言だと思いました。

なんとなく、この毎日がイヤだなあ。

このままでいいのかな。

まあ、つっても他にやりたい仕事があるわけでもないし、このまま働くしかないか。

なんて気持ちを見事にぶった切ってくれる漫画だと思います。

さらにですね、男女の違いが身も蓋もなく分かる漫画なので、婚活女性にもオススメです!

 団地ともお

団地に住むともおくんが主人公の漫画です。

勉強嫌いでスポーツも得意とはいえないともおくん。

漫画や遊ぶのが大好きなともおくん。

典型的な元気な小学生の少年です。

世間でいう「大人」になって何年も経ち、いつの間にかいろんな「当たり前」を疑問もなくやってる「大人」なわたし。

子供らしい子供ともおくんを見ているとハッとすることやグッとくることが多く、涙なしに読めません。(マジです)

そんなともおくんのハッとした名言がこちら

今日はずっとこの石をけり続けるぞ。

学校帰りに蹴り心地のいい石を見つけて家まで蹴りながら帰ったり、

日陰だけを踏んで家に帰ろうとしたり。

そんな無駄なことをわざわざするともおくん。

だけど、誰にもそんな時期があったと思います。

わざわざやらなくてもいい無駄な事、最近やっていますか?

大人として生きることに慣れてしまったけど、イマイチ楽しくないと思ってる人にオススメの漫画です。

 ブログ『思いつき無職生活』

こちらは漫画ではなくブログです。

こちらから読めます

四コマ漫画で書籍化もされています。

なんとなく働いてたら、どんどん時間が過ぎていき、気付けば30歳がすぐそこに。

このままじゃいけないとは思いつつ、平日は仕事して、休日はダラダラしてるとあっという間に毎日が過ぎていく。

なんとかしようと考えた筆者は、

『そうだ、仕事辞めよう』

と仕事をとりあえず辞めます。

このままじゃいけない気がするけど、これといってやりたいことも思いつかず、でもこのままじゃイヤだ。

そんな気持ちを抱えて現代社会で働く人に贈る、超絶あるある漫画です。

面白いだけでなく、憧れを抱く生活です。

無職生活、やってみようかな

とあなたの背中を押すこと間違いなしの一冊です。

以上、働きたくない気持ちを持つ人に贈る、珠玉の3作品でした。

3連休のお共にいかがでしょうか。

それではまた~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする